fc2ブログ

オリヴェイラ監督、大迫を指導

鹿島大迫に監督から「2つのおきて」

ボレーシュートを放つ鹿島FW大迫(撮影・山崎哲司)
 鹿島の大型新人FW大迫勇也(18)が名将オリベイラ監督に「2つのおきて」を注入された。紅白戦では控え組でFW田代と2トップを組んで、28日のゼロックス杯G大阪戦のベンチ入りに向けアピールした。指揮官からは守備面ではパスコースの切り方、攻撃面ではパスを出した後の周囲と連係した動き方という、2つについて指導を受け「ゼロックス杯は出られたらアピールしたい」と意気込んでいた。
 [2009年2月27日8時47分 紙面から]

オリヴェイラ監督の教えを受け成長する大迫である。
まずはパスコースの切り方とパス出し後の連携とのこと。
大迫単体での攻撃は十分にプロレベルにあるため、守備面と連携が向上すればピッチに立つことも叶うと言えよう。
確かに現在サブにいる田代とよよを飛び越えての出場は難しいと考えられる。
しかしながら、話題性と集客力を考慮すれば意外と早く出番はあるのでは無かろうか。
我等としては、純然たる競争の上出場して欲しいと願う。
だが、ビジネスと割り切れば、これほどのスターを使わない手はないのである。
大迫が出場してしまうほど、前半で試合を決められるように運んで行けば良いとも考えられる。
例え「客寄せパンダ」でも結果を積み重ねれば誰も文句は言わぬ。
それだけの才能は持っておる。
逆に田代とよよはベンチ入りや途中出場を大迫と競うのではなく、レギュラーを興梠と競う立場と言えよう。
豪華な陣容で、今季を迎えられることに喜びを感じる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク