fc2ブログ

チャンス構築率

第37節までのチャンス構築率を集計したFootball LABOである。
鹿島アントラーズのデータとしては、攻撃回数、シュート数共に第2位であり、守備的データの被攻撃回数が19位、被シュート数が1位とJ1の上位にいることがよくわかる。
戦術的には申し分のない戦いをしておることの証左であろう。
今季の鹿島アントラーズは"決定力"に泣かされたと考えて良かろう。
ここばかりは監督の力ではどうにもならぬ。
来季に向けて編成に動いておる強化部はこのデータを加味し、ゴールを決めきる選手をターゲットにして貰いたい。
注目である。

2021 J1 チャンス構築率

コメントの投稿

非公開コメント

綺世とタロウの残留、エヴェの復調、垣田の復帰、プラスアルファが欲しいですね

攻守に隙の少ないアントラーズの唯一にして永遠の課題が決定力。
このデータ、剛さんの頃は川崎を上回るリーグ1位だったりしてます。
何なら相手にチャンスを作らせない方でも1位の年がありました。
しかし人の感覚的な領域なので指導で改善は見込めず厄介です。
サッカーは複雑だけど実は「決める特別な1人」に勝敗が左右されるようなフワフワしたスポーツなんですよね。

シュートはゴールへのパス!
(私のような素人が思うほど簡単ではないのでしょうが...。)

選手を信じて応援するのみ。

時節柄、そろそろ外野が騒がしくなってきましたね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク