fc2ブログ

荒木遼太郎、『何でも出来るアタッカー』

荒木遼太郎について記すSmart Sports Newsの安藤隆人氏である。
ユース教授の目に映った荒木の成長が伝わってくる。
熊本ジュニアユース時代はよくいる日本人の巧い選手らしくトップ下や2列目の選手であった荒木が高校ではアンカーに抜擢されプレースタイルを開眼させたことを綴る。
良し指導者に巡り会えたことを物語っておる。
その荒木を安藤氏は、「与えられたポジションで柔軟性に富んだプレーができること。サイドハーフに入れば、インサイドのスペースにタイミング良く出入りしたり、アタッキングエリアに侵入していったりと、チャンスメーカーとフィニッシャーの両方の顔を持つ」と評す。
戦術眼に優れるサッカー脳の発達したアタッカーである。
荒木の攻撃力でJリーグを席巻しようではないか。
楽しみである。

鹿島・荒木遼太郎、創造性と判断力を培った東福岡時代

コメントの投稿

非公開コメント

情報の認識能力と処理能力が違う。
脳が圧倒的に速いのだから年齢もフィジカルも無力化される。(世界がスローに見えてそう、笑)

だからタロウが何でも出来る、というより相手が何もさせてもらえない、と感じた。
アクセルを踏むと味方ですら置いてけぼり。
こんな選手は初めて見た。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク