fc2ブログ

サッカーダイジェスト・渡邊裕樹記者、求められる戦い方の多様化


FOOTBALL UNIVERSE


FC東京戦を振り返るサッカーダイジェストWeb編集部の渡邊裕樹記者である。
「シンプルにゴールを目指すスタイルは、前述の選手たちの個人能力の高さも相まって、対戦相手に分析されても“分かっていても止められない”強みを持つ一方で、FC東京戦では自分たちの強度が落ちると単調になってしまうという弱さも露呈した」と記す。
この試合では強度が落ちて単調になったと分析しておる。
これに関しては異を唱えたい。
確かに浦和戦では試合終盤に強度が落ちたことは事実である。
しかしながら、続く鳥栖戦、そしてこのFC東京戦ではそれは感じられなかった。
FC東京に良いように守られたとも思えぬ。
いくつかのラッキーがなかっただけと感じられた。
このあたりは、失点を重ねたところで精神的な弱さがあったように感じられる。
そして、「鈴木の復帰でチームに勝利へのこだわりと“アツさ”が生まれ、今のスタイルを加速させた一方で、今後はゲームコントロールや、守られた相手を崩す工夫など、戦い方の多様化が必要になりそうだ」と渡邊裕樹記者と千住つんのバリエーションを増やすことを提案する。
これは一つの意見として耳を傾ける。
とはいえ、今現在のチームもロングボール一辺倒ではない。
そのあたりは番記者として見抜いて欲しいところ。
それはそれとして、今週からリーグ戦は中断する。
天皇杯やルヴァン杯では新たな選手が起用されよう。
そこでチームが一段階レベルアップする。
中断明けの京都戦での戦いに注目したい。
楽しみである。


FOOTBALL UNIVERSE


【鹿島】加速した“縦に速いスタイル”がぶつかった壁。求められる戦い方の多様化

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク