fc2ブログ

報知新聞・内田記者、上田綺世 歴代FWが陥った罠とは無縁の思考


FOOTBALL UNIVERSE


上田綺世について記す報知新聞の内田記者である。
「駆け引きの末のゴールだと分かっていても、上田のゴールは簡単に決めているように見えるから不思議だ」とFC東京戦での綺世を評す。
これが偉大なストライカーの才能なのであろう。
冷静さと獰猛さが同居しておる。
それが「動き出しやシュートのパンチ力など多くの特長を持つストライカーだが、一番の武器は心だ」という内田記者の表に表れておる。
長らく鹿島アントラーズFCを取材した経験から大迫と興梠の若手時代の"壁"と比較しており興味深い。
この綺世の活躍の裏にはレネ監督の懐・器がある。
この綺世の"心"とレネ・ヴァイラー監督の指導で更にゴールを重ねていくであろう。
今季、どこまでゴール数を伸ばすのか。
非常に楽しみである。


FOOTBALL UNIVERSE


【番記者の視点】今季10得点目の鹿島・上田綺世 歴代FWが陥った罠とは無縁の思考「決まるまで打つ」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク