fc2ブログ

会見拒否

鹿島・オリベイラ監督、判定に怒り心頭
2009.3.23 05:01
 J1第3節最終日(22日、鹿島2−1広島、カシマスタジアム)鹿島のオリベイラ監督は判定に怒り心頭。勝利したのに会見を拒否した。代わって出席した奥野コーチは「ここ(会見場)に来ると批判めいた発言をしてしまうので」と説明。ゴールに見えたMF本山のヘディングシュートが認められないなど、扇谷主審の判定に不服のようだった。

微妙な判定続出!鹿島監督怒りの会見拒否

<鹿島・広島>前半、広島・森脇にキックされる?鹿島・大迫勇也(右)
Photo By スポニチ

 【鹿島2―1広島】鹿島のオリヴェイラ監督が就任後初めて試合後の会見を拒否した。後半開始直後の本山のシュートがノーゴールと判定されるなど微妙な判定が相次ぎ、試合中から怒りが爆発。代理で会見した奥野コーチは「監督がレフェリングに疑問を持たれていて、公の場で批判をしないように代理で来ました。僕の方が冷静に話せるので行ってくれと言われた」と説明した。
[ 2009年03月23日 ]

鹿島・オリヴェイラ監督、会見ボイコット…J1第3節
 ◆J1第3節 鹿島2―1広島(22日・カシマ) 鹿島のオリヴェイラ監督が試合後の会見をボイコットした。遠い位置からPKや警告を出すなど不可解な判定が散見された扇谷健司主審への不満をぶちまける恐れがあったため、奥野コーチを代理に立てた。同主審は07年大分戦でも、得失点にかかわるプレーで、審判委員会が誤審と認める判定を3度もした過去がある。
(2009年3月23日06時01分 スポーツ報知)

扇谷であったところでイヤな予感はしておったが、このような結末とは思いもよらなんだ。
試合には勝利し、オリヴェイラ監督も退席にならなかったことは不幸中の幸いであった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク