fc2ブログ

サッカーダイジェスト 名古屋戦寸評


FOOTBALL UNIVERSE


サッカーダイジェストの今井雄一朗氏による名古屋戦の寸評である。
ドローという結果にもかかわらず全員に良い評価が与えられておる。
これは、この試合が白熱したものであり、お互いの良さと良さを消すプレーが大きく絡み合ったものであったという判断であろうか。
特に、クォン・スンテ、広瀬、ピトゥカ、和泉、仲間、カイキ、優磨、綺世には一ランク上の評点が付けられておることが印象的である。
「スタメンの11人はハイペース、ハイテンポなサッカーで名古屋を圧倒した。D・ピトゥカのゲームさばきに周囲の選手の反応も良く、ロングボールをゴール前の局面にまでつなげていける上田、A・カイキの威力は圧倒的にも見えた。彼らの空中戦と仲間、和泉の機動力が噛み合い、ボール回収も早かった前半のうちにリードを広げられなかったのが、同点に終えた一因か」という寸評から、スタメンの躍動と追加点がなかったことがこの結果と受け取れる。
結果こそ望むものではなかったが、これもまたサッカーであると、今井氏もレネ・ヴァイラー監督と同様に考えておるように思えた。
この試合を糧に次に繋げる。
次戦ではより良い結果を掴もうではないか。
期待しておる。


FOOTBALL UNIVERSE


【J1採点&寸評】名古屋1-1鹿島|攻撃をけん引し同点PK弾のマテウスがMOM。クォン・スンテは好守で敗戦回避

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク