fc2ブログ

ガンバ大阪・宇佐美貴史、そういうマインドでやっているのが鹿島


FOOTBALL UNIVERSE


ガンバ大阪の宇佐美貴史を取材したFOOTBALL ZONE編集部の小杉舞記者である。
昨冬の川崎フロンターレへの移籍騒動について振り返る。
結果的にガンバに残留しクラブ愛を貫いた。
そしてクラブのあり方について鹿島アントラーズFCを例に挙げる。
「やり方がスペシャルじゃなくても、戦術がスペシャルではなくても、チーム全員がそういうマインドなら強いし、そういうマインドでやっているのが鹿島。全員が勢い持って、自信を持ってサッカーしている」と鹿島のサッカーを賞賛する。
外からこのように見られておることがわかって嬉しい。
今季より鹿島に加入したキム・ミンテも同様なことを言っておる。
逆に宇佐美にとって今のガンバ大阪にはこのマインドがないということであろう。
それでは監督をすげ替えても結果は出ない。
昌子源がマインドを持つクラブへの移籍を訴え出ることも頷ける。
そして宇佐美はこのクラブ体質を変えることが出来るのであろうか。
また、この他山の石を更に磨き、より良いクラブになっていきたい。
注目である。


FOOTBALL UNIVERSE


G大阪FW宇佐美貴史が初めて明かす川崎からオファーの“真実” 残留した理由は?「自分にとって苦しいと思った」

コメントの投稿

非公開コメント

マリノスでもなく、川崎でもなく
鹿島と。

宇佐美、好きになった。

我らが最多タイトリストであることに誇りを持とう。

そして絶対タイトルホルダー1位の座からは落ちることは許されない。

マリノスでもなく、川崎でもなく
鹿島と。

宇佐美、好きになった。

我らが最多タイトリストであることに誇りを持とう。

そして絶対タイトルホルダー1位の座からは落ちることは許されない。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク