fc2ブログ

報知新聞・内田記者、「復権」という目標に向かって力強く前進する姿が見られた


FOOTBALL UNIVERSE


清水エスパルス戦を取材した報知新聞の内田記者である。
J1残留がかかる清水に対してモチベーションの難しい試合に於いて、このように強度の高い試合を出来たことは大きな収穫であった、
それについて内田記者は、「勝ちたい気持ちは球際や走力、汗に表れやすく、そうした指示を最優先に出す監督も多い。鹿島も伝統的に大事にしてきた部分だ」と前置きした上で、「岩政監督は「順番を逆にしよう」と選手に伝えた」というエピソードを伝え津。
「勝ちたい気持ちをいかにしてプレーに落とし込む」ことに成功したということであろう。
岩政大樹監督らしい”整理”である。
更に内田記者は、「サッカーには気持ち、手順、戦術、どれも欠かせない」とサッカーの原理を語り、岩政大樹監督が「今季無冠が決まった終盤戦でも、「復権」という目標に向かって力強く前進する姿が見られた」とこの試合を見た。
来季に向けた”手順”が仕込まれておることがよくわかる。
2023年シーズンは既に始まっておると考えて良かろう。
今後が楽しみである。


FOOTBALL UNIVERSE


【番記者の視点】鹿島が洗練された8試合ぶり勝利 岩政大樹監督が伝えた「手順」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク