fc2ブログ

福田正博氏、鹿島は「シンプルに得意なこと」で好調

2023年シーズンの開幕3節を終えたJリーグを解説するSportivaの福田正博氏である。
鹿島アントラーズについては「もし川崎戦に勝利していたら、手のつけられないほどの勢いになっていたかもしれない。そう思えるほど、今季の鹿島は力強さがある」と評する。
今季の鹿島がパワフルであることを言葉にする。
これは鹿島が欧州路線のサッカーをしておることの証左でもあろう。
岩政大樹監督は、現役時代から欧州サッカーをよく研究しておった。
バルセロナやマンチェスターCのような華麗なパスサッカーばかりにスポットが当たるが、実際に多くの試合、チームを見ておればそうではないことはわかるはず。
"強度"という言葉の方がわかりやすいはず。
そして、それを体幹してきた、優磨、安西、植田、源の存在が今の鹿島には大きい。
福田氏は「DFラインからのビルドアップを最低限」、「もうひとつ鹿島で見逃せないのが、アンカーのポジションに入っている佐野海舟」と付け加える。
確かにこのあたりも好調の要因であろう。
とはいえ、上記のようにやるべきサッカーが整理され、そして選手が理解しておることが大きいように思う。
そして、福田氏が「Jリーグのプレー強度の向上は不可欠なものだろう」という強度を体現しておる鹿島アントラーズがJリーグを席巻することに意味がある。
この勢いで最後まで走りきりタイトルを目指す。
楽しみである。

神戸は「バルセロナ化から遠い身の丈にあったプレー」鹿島は「シンプルに得意なこと」で好調 開幕3戦のJリーグ各クラブを福田正博が分析

コメントの投稿

非公開コメント

No title

福田正博は以前から鹿島の解説でも鹿島に関心があり好意的であると思うので大変好きですね。

戸田は鹿島が好きでないことが解説から伝わります。

No title

センターバックに負傷者が相次ぐ川崎と違って、
鹿島は昌子が復帰する
センターバックも競争になるだけに楽しみしか無いね
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク