fc2ブログ

昌子源、極限のバトルで負けない

横浜Fマリノス戦に向けてオンライン取材に応じた昌子源である。
「(横浜FMは)かなり完成されたチーム。前監督のスタイルを引き継ぎ、そこにマスカット監督の色も加わり、誰が出てもマリノスを体現している。自分たちのスタイルにかなり自信を持っていると思います」、「自分たちのスタイルを持ち、いろんな攻撃ができる。ポゼッションも、ショートカウンターも、ロングカウンターも成立できます。個で打開できる選手もいるし、特にアタッキングサードに入ると、想像性豊かに選手が関わってきます。また、中でちょんちょんとつなぐ打開もできれば、外からズドンもある。本当に多彩だと感じます」とFマリノスを分析し、警戒する。
昨季の王者をリスペクトするのは当然。
そして、「自分のコンディションを上げて存在感も含め、チームの活力になれるように。まずはチームの結果が求められます。極限のバトルで負けないようにしたいです」と個の力を上げることをまず前提とした上で、「局面のバトル、ペナルティエリア付近のコミュニケーション、いかにボールホルダーに寄せて、いかに体をぶつけるか。最低限のことは必ずやりたい。もちろん僕たちも自信を持ってやります。ハナから劣勢になると決めつけるのではなく、そういう時間が長くなっても、チーム全員で熱く冷静にやりたいです」と昌子なりの対策を語る。
変な失点をせず、虎視眈々と得点を狙う。
更に佐野海舟の出場停止については、「プラスマイナスでいうと絶対にマイナスになる。でも、次に出る選手が自分の持ち味をそのまま発揮してくれれば全然問題ない」と強い言葉を伝える。
持ち味が大事と言えよう。
アウェイながらも勝利に拘る試合を行う。
強烈に重要な一戦である。

【鹿島】復帰戦で存在感を放った昌子源、次節横浜FM戦での勝ち点3獲得へ意欲。「僕らは間違いなくチャレンジャー」

【鹿島】昌子源が王者・横浜FM戦へ「極限のバトルで負けない」

【鹿島】昌子源、横浜戦へ「間違いなく100%チャレンジャー」最終ラインけん引する覚悟

鹿島・昌子 前年王者・横浜Mとの対戦へ「個人のバトルや特徴で負けないようにしたい」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク