fc2ブログ

“鹿島スタイル”に明るい兆し、J1王者との一戦で見えた「強み」

Fマリノス戦を取材したFOOTBALL ZONE WEBの河治良幸氏である。
「前向きな要素の多い試合だったのも確かだ」と試合内容を高く評価する。
失点シーンを以下のように分析し、
・スローインからの攻撃に対するスライドと寄せに甘さが出た結果
・セカンドボールを立て続けに拾われて、自陣に押し込まれた状況
そして、「原因ははっきりしているので、方向性を変えないなかで1つ1つ出てくる課題を改善していければ、完成度は上がってくる」と今後のチームの成長を示唆する。
「“サッカーは22人でやるもの”や、”相手を見てサッカーをする”というワードは岩政監督が鹿島を率いる前から口にしていたが、それを監督として具現化し始めていることを実感できる試合だった」と総評し、今季取り組んでいる"サッカー"が浸透しておることを明言しておる。
現地観戦した自分も、敗戦の悔しさこそあれど、このチームの未来に手応えを感じた。
ルヴァン杯・新潟戦にて若手を鍛え、2週間後の広島戦にてまた新しいチームを感じ取りたい。
楽しみである。

“鹿島スタイル”に明るい兆し J1王者との一戦で見えた「強み」…岩政体制に漂う期待感

コメントの投稿

非公開コメント

今季はJの勢力図に変化あり。
川崎、マリノスよりも神戸、浦和のほうが怖い存在かも。

特に大迫がギャラに見合った素晴らしい働きをしており、大迫個人として本気でタイトル狙いをしている。

神戸との対戦は面白い。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク