FC2ブログ

大迫、長期契約へ

18歳・大迫に4年9か月の鹿島史上最長契約

精力的にヘディング練習を繰り返す大迫
 鹿島が27日、FW大迫勇也(18)に対し、新人としては異例の長期契約を提示した。大迫は公式戦通算出場時間が450分を超え、年俸上限のあるC契約からA契約に昇格。A契約締結に際し、2014年1月末日までの4年9か月契約を提示した。日本代表DF内田篤人(21)の4年6か月を上回るクラブ史上最長契約となり、期待の大きさを示すオファーとなった。

 鹿島はこの日の練習後、大迫と契約交渉を行い、異例の長期契約を提示した。関係者によれば、鹿島入団時に交わした3年契約に代わり、2014年1月末日までの4年9か月契約をオファーしたという。契約が決まれば、DF内田の4 年6か月を超えるクラブ史上最長契約。MF小笠原、本山でも最長で3年。入団3か月のルーキーとしては前代未聞の契約だ。

 Jリーグ規約では、新人選手は年俸上限(480万円)のあるC契約からスタートする。大迫はアジア・チャンピオンズリーグのアームド・フォーシズ戦(22日)で公式戦通算450分出場を果たし、年俸上限のないA契約締結条件をクリア。今回、鹿島はC契約からA契約への切り替えを機に、オファーを出した。

 期待の大きさが表れていた。プロ4年目のDF内田のように、実力、将来性を考慮した上で長期契約を打診することはある。負傷ととなり合わせのサッカー界では、たとえ「大物」でも戦術に適応できなければ淘汰(とうた)される世界。リスクを背負うクラブは、未知数の新人に長期契約を提示することは難しいが、大迫は特別と判断した。

 これまで公式戦10試合に出場した大迫は、4得点を記録。リーグ2連覇を遂げる強豪にあって、レギュラー争いの中心に立っている。「もちろん将来への期待と、力がなければ(長期契約オファーを)出せない。大迫は将来性があり、実力もある」とクラブ幹部。近い将来、エースになると見越し、最大限の期待をかけた。

 大迫は未成年のため、契約締結には両親のサインが必要となる。近日中にクラブ関係者が鹿児島の実家へ出向き、経緯を説明した後で締結される見込み。大迫は「今は頑張るだけっす」とサッカーに集中する考え。鹿島が大迫をクラブの、そして日本を代表するストライカーに育て上げる。

(2009年4月28日06時02分 スポーツ報知)

来季からの移籍ルール変更に伴い大迫には長期契約が結ばれることとなった。
それだけ大迫の才能と将来に期待しておるのである。
本人は頑張るだけと契約には無頓着であるが、プロである以上契約は重要なのである。
酔って神崎の差し出す契約書にサインしてしまった風間真はアスランの傭兵にさせられてしまう。
除隊するには高額の違約金を払うか、契約満了まで生き延びるしかないのである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク