fc2ブログ

内田篤人氏×ヴィッセル神戸の・大迫勇也、Jリーグ強化対談

「報道ステーション」での内田篤人氏とヴィッセル神戸の大迫勇也の対談を伝えるサッカーダイジェストWeb編集部である。
「(日本が)世界のトップ10に入るには、Jリーグはどうしたらいいか?」という問いに大迫は、「ヨーロッパから外国人を連れて来るのが一番早いんじゃないですかね」と答える。
ここで"ヨーロッパから"という枕詞が重要と言えよう。
これからの若い選手を現地から安く調達しておるようでは成長はあり得ぬ。
強い個がJリーグには必要なのである。
そこで勝ち抜く選手が幾人も出てきてこその日本サッカーと大迫勇也は唱える。
これは真理である。
出場機会を無理し与えられているようでは、上には行けぬ。
このプロ意識を若年世代から持っている者だけが日本代表となりチームを牽引していく状況に早くせねばならぬ。
もっと強力な外国人を各チームが補強するのだ。
ネームバリューだけではなく。
ただ選手の受け入れ先、裾野の広さも重要でもある。
トップオブトップだけでなく選手層自体も分厚くする必要があろう。
それがJ2、J3、そしてその下のカテゴリーであるJFL、地域リーグとなる。
多くの人々がプレーヤーとしてサッカーの関わっていける社会にせねばならぬ。
それが日本サッカーの未来である。

「欧州から外国人を連れて来るのが一番早い」大迫勇也が明かしたJリーグ強化策の“真意”。内田篤人の「若手が出られなくなる」という主張にはシビアな一言

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク