fc2ブログ

小泉社長、Jリーグ30周年記念スペシャルマッチについて語る

Jリーグ30周年記念スペシャルマッチについて語った小泉社長である。
「サッカーを日常に戻さないといけないと思っています。国立という立地で行われる今回の試合を見て、あらためてサッカー良いな、アントラーズ良いな、久しぶりにカシマスタジアムに行こうかという流れが戻ればいいですね」と語る。
Jリーグ創設時からの歴史よりも昨今のコロナ渦について語るところが小泉社長らしい。
クラブ経営者としてこの3年間は悪夢であったと思う。
収入を得るためにした努力は砂を噛むようだったのではなかろうか。
五類となったここからがリスタートとなる。
そうなる特別な一歩として個の新国立での試合を位置付けたい。
注目度も抜群、集客もよし、これを機にカシマスタジアムまで足を伸ばそうという人々が現れることを期待する。
それは、「鹿島の観客は55%が県外の方です。コロナ禍で県をまたいだ移動ができず、カシマスタジアムに来られなかったりしたことで、ここ数年アントラーズを見られていない人たちに、もう一度サッカーを見てもらいたいという思いもあります。それと昨年のW杯カタール大会をみてサッカー良いなと思った人にも訴えかけられると思っています。
 あとは、やっぱりライブで見る良さですよね。これだけTVとかネットメディアが多い中、大きな会場でみんなが同じ筋書きのないドラマをみるということは相対的に価値が上がっていると感じています」という言葉に集約される。
誰もがライブにて感じた方が良いと考えるはず。
あの感覚はテレビでは絶対に味わえぬ。
これを機にまたスタジアムに戻ってきて欲しいと思う。
ただ、この記念試合という意味では、10年前のJリーグ20周年記念試合の悪夢が蘇って仕方がない。
2013年5月11日の浦和戦、忘れたくとも忘れられぬ。
あのオフサイドゴールの試合である。
埼スタのオーロラビジョンに映し出された明らかなオフサイドが見逃されスタジアム全体が凍り付いた。
あのようなことが記念試合にて起こるとは。
これがまた繰り返されるのではないかと、今から怖くて仕方がない。
そうなってはまた民はスタジアムから遠のく。
VARがあろうとも誤審がなくなることはない。
事実、荒木や樋口の肩がハンドとジャッジされて痛い目を見ておる。
優遇されて見逃されておる他クラブを見てしまうとより悔しい気持ちにさせられる。
注目度の高い試合だけに、ジャッジだけは気をつけて欲しい。
10年前の記憶から強く願う。

鹿島社長、国立でJ30周年記念スペシャルマッチ!コロナ禍経て「サッカーを日常に戻さないといけない」

コメントの投稿

非公開コメント

No title

荒木や樋口の肩がハンドとジャッジされたとのコメント、ありがたいです。
特に神戸戦は大差になってしまい、試合内容も多くの方に酷評されましたが、間違ったジャッジがなければ、結果はわからなかったと思います。
今でも悔しいですが、シーズン最後には鹿島の優勝を喜びたいです。





プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク