fc2ブログ

福西崇史氏、「Jリーグ歴代最強チーム」に1997年鹿島アントラーズを挙げる

「Jリーグ歴代最強チーム」を挙げた水沼貴史氏、福西崇史氏、槙野智章氏である。
この中で福西崇史氏が1997年の鹿島アントラーズを選出しておる。
「ジュビロ磐田が初の年間王者に輝いた1997年シーズンですが、チャンピオンシップ(CS)を戦った鹿島アントラーズは、「勝つために何をすべきか」を熟知しているチームでしたね。
 僕たちにあえて持たせたり、徹底して裏に蹴りこんできたりと、勝つために躊躇なく割り切った戦い方を選択できる。プレーをしていても、「嫌だな」って感じる場面が多かったですね。実際、CSは接戦の末に磐田が勝ちましたが、ナビスコカップ(現ルヴァンカップ)決勝は完敗でしたから(2戦合計2-7/福西氏は2戦とも欠場)。
 なかでもビスマルクはめちゃくちゃ嫌でしたね(笑)。中盤で服部(年宏)さんと僕がマッチアップしていたんですが、振り回された印象が強い。センターバック(CB)に秋田(豊)さんと奥野(僚右)さん、中盤には本田(泰人)さん、前線には黒崎(久志/当時の登録名は比差支)さんと、仕事人と呼べるような“いやらしい”選手がとにかく多かったです」と記す。
鹿島の"勝負へのこだわり"とサッカーがわかってる選手の多さを強さの理由に挙げておる。
福西がこういう印象を受けるように、1997年の鹿島アントラーズは強かった。
鹿島史上最強だと思う。
ただ、リーグ戦をCSにて落としたが故に、こうしたJリーグ歴代最強チーム企画にていつも漏れることが悔しい。
あの佐藤洋平のミスさえなければ、2020年の川崎や2006年の浦和と並ぶ、Jリーグの歴史に名を刻んだことであろう。
ただ鹿島サポーターとしては、この1997年のチームが最強であることを心の刻み続けることとなる。
それがサポの心得である。

水沼貴史、福西崇史、槙野智章が厳選した「Jリーグ歴代最強チーム」 時代を超えて実現させたい夢のカードは

コメントの投稿

非公開コメント

ジュビロ磐田の選手から評価されると喜びが倍増です。

その時々に強いクラブはありますが、やはりジュビロは特別な存在だと感じます。

はやくJ1上位に安定できる力を取り戻してほしい。

GKのボンミスがなければ、三冠を2度
達成してたはず。

まあ、ミスを見逃さなかった中山選手も流石だったですね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク