fc2ブログ

柴崎岳、レガネスを退団へ

今夏にてレガネスを退団するとスペイン現地紙『アス』にて報じられた柴崎岳である。
既報であるが、この報道を受けて東スポは古巣である鹿島復帰の可能性と伝える。
元日本代表が0円にて補強となれば大きな戦力となる。
多くのサポが岳の復帰を待ち望んでおろう。
しかしながら、現在のMFの戦力は充実しており、戦力は過多とも言える。
もし獲得するとなれば幾人かは放出せねばなるまい。
そこで主軸が移籍するようでは本末転倒である。
ピトゥカがサントスに戻るなどという風評などは全くもって論外と言えよう。
サントスがピトゥカの高額年俸を支払うことは出来ぬし、ここまでの助っ人に延長オファーを出さぬ鹿島アントラーズFCとも思えぬ。
佐野海舟や樋口雄太、荒木遼太郎を放出することもあり得ない。
とはいえ、何が起こるかわからないのがフットボールの世界である。
いずれにせよ、才能溢れる日本人のMFがマーケットに出る。
どのクラブに移籍するのか、それが鹿島アントラーズFCなのか、非常に気になる。
柴崎岳の去就に注目である。

柴崎岳が今季でレガネス退団へ 地元紙が報道 J1鹿島復帰〝待望論〟も

コメントの投稿

非公開コメント

ピトゥカは条件が合えば選択肢かと。
積極的に手放すことはないでしょうが、契約延長に合意できず、サントスから違約金に見合う若手を獲得するとか。

タロウが青田刈りされる可能性もありますし。

岳だけでなく安部ちゃんの去就も気になりますね.

町田の黒田監督が夏の補強に柴崎を獲得しそうで怖い。

毎度お馴染み神戸、
恩師黒田監督の町田あたりがちょっかい出してきそうですね…
確かにMFは今でさえ余剰気味だけど、岳の影響力はピッチ内外で大きいと思う。

そもそも小泉社長と鹿島の縁を結んだのが岳だしね。
岩政監督も軌道になり始めたし、満を持して鹿島に帰還して欲しい。

神戸、浦和だけには行かないで欲しい。

浦和の柴崎なんて絶対的に見たくないです

神戸、浦和だけには行かないで欲しい。

浦和の柴崎なんて絶対的に見たくないです

大好きな、勝負強い選手、満男の後継者。メルカリに初タイトルをもたらすには必須の選手。

ただ、欧州でもっと活躍できていたはずなのにスペインに固執、ブンデスならもっと輝けたはず。

他のJクラブでも言えるが、いわゆる欧州で燻っていた印象の選手が帰国しても、ほぼJで活躍できていない。例外なのは、大迫、鈴木、植田ぐらい(彼らは燻っていなかったとも言えるが)。無難にこなしているのは安西、武藤あたりだが、海外に行く前のほうが怖い選手だった。

柴崎が帰国しても、鹿島黄金期のように活躍できるかどうかの確率は半々ぐらい。 

単純にピトゥカと比べて、必殺のスルーパスと前線への走り込みは柴崎が有利。食い付く守備やドリブルでの持ち上がりはピトゥカが有利。
どららにも一長一短がある。

荒木、樋口、舩橋たちの覚醒を促すなら、この日本人ボランチの獲得は必要。
 
また現在、鹿島であまり点がとれていないFWでも柴崎が加われば、必ずチャンスメイクしてくれる選手であることは間違いない。

チームメイトへの良い意味での波及効果が大きい選手。本気でタイトルを目指すならほしい。
もし他クラブに行ったら、そこは伸びる。神戸のように。

是非帰ってきてほしい

今の鹿島は相手を圧倒したり敵わないと思わせるほどの強さは無い気がします。岳が司令塔として君臨してキラーパスやミドルシュートで鹿島の攻撃力を牽引してほしいと思います。充分リスペクトするお金は準備して是非戻してほしいです。

ピトゥカ、樋口、佐野、そして岳。この4人が並ぶ中盤を見てみたい。魅力的過ぎる!

超高年俸のイニエスタが、この夏に去るタイミングが嫌な感じ。
あの余剰予算を回されたら金額的には勝ち目はない。移籍の決断は金額だけではないとは思うが。

但し、ものは考えようで、鹿島に帰ってきてくれても、万が一よそに行ってしまっても、どちらの場合でも、その厳しい現実を鹿島関係者はバネにして、あるいは利用して、全員でモチベーションを更に高めて、シーズン終盤まで戦い抜けば良いだけの事。

現状、チーム状態が上向きなのだから、それを維持しつつ、もっと高める努力をお願いしたい。

一人の選手の去就に左右されるような脆弱なクラブでは、タイトルになど狙えないとは思いつつ、柴崎が来ない場合の代案もほしい。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク