fc2ブログ

U-16日本代表・大川佑梧くん、左足のキックは自分の武器

大会MVPとして取材を受けたU-16日本代表の大川佑梧くんである。
「凄く良い大会のMVPをもらえて素直に嬉しいし、これからもっと頑張っていかないといけないと思わされた」とこの受賞の重みを実感する。
アシストシーンを振り返り、「いつも自分はあそこを観てはいるので、スガ(菅原)がよく狙っていてくれた。左足のキックは自分の武器なので」と語る。
左利きのCBは貴重である、大事に育てたい。
また廣山U-16日本代表監督が、「昨年の代表活動から成長がかなりあるという点も含め、今大会も戦う気持ちを本当に出してくれた。予測や準備の部分をしっかりやりながら、プラスアルファの『戦う』という部分を出してくれたことを考えると、MVPに値すると思う」と評す。
"戦う気持ち"を前面に出したところが評価されておる。
鹿島のメンタリティが強く植え付けられておることが伝わる。
惜しくもU-17アジアカップメンバーからは落選したがサポートメンバーとして帯同する。
落選の悔しさと共にグループには入っておることを大事に考えて貰いたい。
まだまだ若く、ここからの成長に期待大である。

戦う部分も表現。鹿島ユースのCB大川佑梧は、U-16インターナショナルドリームカップMVPを“通過点”に

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク