fc2ブログ

Jリーグから欧州に挑んだ男たち

2022/23シーズンから欧州移籍を果たした日本人選手について特集したフットボールチャンネル編集部である。
鹿島縁の選手としてサンタ・クララの三竿健斗、カーザ・ピアの相馬勇気、セルクル・ブルッヘの上田綺世の三人が挙がる。
三竿健斗に関しては、「三竿は先発したリーグ戦でたったの1度も勝利に貢献することができず。それも影響したのか、残留に向けて重要な最後の7試合は全て先発外となり、残酷なことにチームはその間に2勝を挙げている。結果的にサンタ・クララは最下位での2部降格が決まるなど、三竿は新戦力としてチームに多くのものを与えられなかった」と評される。
チームの成績不振を負わされた形に見える。
代理人が力を発揮すれば、夏に移籍する可能性もあろう。
0円移籍だけに移籍金が発生するならばサンタ・クララも喜んで手放すと思われる。
ただ得点力がある選手ではないだけに手を挙げるクラブがあるのか難しいところ。
相馬勇気は、「デビュー2試合目で1得点1アシストをマークとこれ以上ないスタートを切った。その後はゴールとアシストともに伸びなかったが、自慢の走力と運動量を武器に、主に右サイドのレギュラーとして奮闘。1試合あたりのキーパス数(1.1本)でチームトップに立ち、平均レーティングでは同3位につける(いずれもデータサイト『Sofa Score』を参照)など、クラブの残留に大きく貢献した」とのこと。
かなりインパクトを残した模様。
名古屋グランパスは戻すことを画策したようであるが、相馬自身がカーザ・ピアのへの完全移籍を望んでおるとの報がある。
今夏に買い取ってもらえるのではなかろうか・
そしてセルクル・ブルッヘの上田綺世については、「今季、欧州初挑戦を果たした日本人選手の中で最も輝きを放ったのは上田綺世だろう。昨年夏に鹿島アントラーズからセルクル・ブルッヘに渡って以降しばらくは結果を残せずに苦しんでいたが、とくに年明けから一気にギアを上げ、最後にはヨーロッパ中にその名を轟かせることになった。
 上田にとって大きな転機となったのが、ドミニク・タールハンマーからミロン・ムスリッチに指揮官が交代したことだ。前者の元ではわずか2得点だったが、後者の元ではCFより一列後ろのポジションが一時メインになったことも功を奏して、天性の得点力が開花した。終盤には最前線に戻ったものの、自信を深め、チームメイトとの連係も確立していた上田は得点ペースを落とすことがなかった。
 最終的に上田はリーグ戦22ゴールをゲット。ウーゴ・カイパース(ヘント/27得点)に敗れ、得点王には届かなかったものの、ベルギーリーグにおける1シーズンの日本人最多得点記録を塗り替えた。何より凄いのは欧州1年目、それも強豪ではないS・ブルッヘでこれだけの数字を残したということ。シーズン評価は文句なしのAだ」と大絶賛である。
ここまでのインパクトを残した日本人FWはそうはおらぬ。
今夏の移籍先がどの国のどのクラブなのか、そればかりが気になる。
特異なシュート力と判断力を持つストライカーの去就に注目である。

成功? 失敗? 欧州1年目の日本人選手パフォーマンス査定。Jリーグから欧州に挑んだ男たち

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク