fc2ブログ

昌子源、天皇杯敗退・仲間たちの決断

天皇杯・甲府戦について発信した昌子源である。
「自分が何のために鹿島に戻ってきたのか。それを改めて考えさられたし、今は申し訳ない気持ちしかないです」と綴る。
鹿島にタイトルをもたらすため、かつての強さを取り戻すために帰参しながらも先発した試合でタイトルを失っては、こう反省せざるを得ないように感じさせられる。
気持ちは強く伝わってきた。
そして常本佳吾の欧州移籍を後押しした旨も語られる。
欧州を経験したものは皆このように語っておる。
やはり本場は別物であろう。
常本には是非とも成功を掴み取って欲しいと願う。
ただ昨季末の三竿やこの常本の例を見て、ある程度の年齢を重ね、且つ代表歴がなくとも欧州への道が開いた時代となった。
これはまた選手編成に大きな影響を与えよう。
この新時代、どのようにチームを強化していくのか。
吉岡FDの手腕に注目である。

天皇杯敗退。仲間たちの決断。

コメントの投稿

非公開コメント

の三竿やこの常本の例を見て、ある程度の年齢を重ね、且つ代表歴がなくとも欧州への道が開いた時代って言うのはjリーグにとっては良く無い事ですよね?

jリーグの価値がどんどん下がっている様に思います。打開策はないのでしょうか?
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク