FC2ブログ

柏戦報道

鹿島興梠2発!代表復帰をアピール/J1

前半11分、2ゴール目を決めた興梠(左)は小笠原に祝福され最高の笑顔
<J1:鹿島2−1柏>◇第12節◇16日◇柏
 鹿島FW興梠慎三(22)が柏戦で豪快な2ゴールを決め、日本代表復帰へ猛烈アピールした。前半8分にヘディングで先制点を挙げ、直後の同11分には鋭い反転から鮮やかな追加点をマーク。2−1の勝利、そして首位キープに貢献した。日本代表で不動の存在であるFW田中達也(26=浦和)が左太ももの腱(けん)負傷で、今月下旬のキリン杯と6月W杯最終予選への招集が困難な状況の下、1月末のアジア杯予選バーレーン戦以来となる代表復帰が見えてきた。

 速さ、キレ、正確性。すべてがそろった一撃だった。前半11分、興梠が魅せた。左のMF小笠原からのクロスにトラップしながら反転。背後のDF古賀を一瞬でかわし、左足を一振り。「予想通りのトラップができたので、あとは思い切り振り抜いた」。鮮やかな追加点が突き刺さった。

 直前の同8分には小笠原のFKに反応。柏DF陣のすき間に入り込み、ヘッドで豪快にたたき付けた。打点の高さ、タイミングともに申し分なし。「フリーだったので(ボールが)来ればいけると思っていた」。代表の小倉コーチの前で返り咲きへ向け、インパクト十分のアピールだった。

 決してベストの体調ではない。4月中旬の紅白戦で痛めた左ひざは今でもうずく。50メートル5秒台の速さをいかすプレースタイルは、DFの激しいタックルを受けて倒される確率も高く、故障と隣り合わせ。時には周囲から「安全運転」の必要性を説かれるが「自分の持ち味はスピード。故障を怖がって、それが出せなければ自分は駄目になる」。この日も何度も激しい衝突がある中で、自身の哲学を貫き結果を出した。

 10日の清水戦前に「W杯には出たい。だから、この1年は大事になると思う」と話していた。6月のW杯最終予選に向け、浦和FW田中達の招集が厳しい状況だけに、チャンスが急浮上してきた。「代表にはチームで先発で出られないと呼ばれないと思うし、今は先発で出られている」。今季鹿島で一時は先発落ちも、しっかり取り戻した。それが自信になっている。

 プロ入り後、得点を挙げた試合は21戦17勝3分け1敗と高い勝率を誇り、まさに勝ち運を持つ。「先発で出るようになって、周りをいかすことも意識できるようになった」。抜群の身体能力に加え、経験を積んでプレーの幅も広がった。

 24日のG大阪戦後にリーグは一時中断し、チームも2週間の休暇に入る。代表に招集されれば当然休暇は消滅する。「休みの予定? 入れてないです」とニヤリ。今の勢いと実力があれば、岡田ジャパンの「救世主」になれるはずだ。【菅家大輔】
 [2009年5月17日8時3分 紙面から]


鹿島・興梠、代表復帰へアピールの2発

柏−鹿島 前半、シュートを放つ鹿島・興梠(右)=柏

柏−鹿島 前半8分、FKを頭で合わせ、先制ゴールを決める鹿島・興梠(13)=柏


鹿島4連勝!苦しみながらも首位キープ

柏に勝利し4連勝、喜ぶ鹿島イレブン=柏


小笠原の退場で苦戦するも何とか勝利しホッとした表情を見せる鹿島・オリヴェイラ監督


柏−鹿島 前半8分、FKを頭で合わせ、先制ゴールを決める鹿島・興梠(13)=柏


柏−鹿島 前半、シュートを放つ鹿島・興梠(右)=柏


鹿島、小笠原から全得点!退場も食らった
2009.5.17 05:02

2アシストで鹿島を引っ張った小笠原だが、2枚目のイエローカードに呆然。やはり因縁のピッチ!?(撮影・大橋純人)
 J1第12節第1日(16日、柏1−2鹿島、柏サッカー場ほか)鹿島は昨年9月に同じピッチで左ひざに大けがを負ったMF小笠原満男(30)が2アシスト。後半途中で退場処分も柏に2−1で勝利し、4連勝で首位を堅守した。2位浦和はアジア王者のG大阪に0−0のドロー。昨年3敗1分けと一方的にやられた強敵に、またも勝てなかった。川崎は2−0で磐田を振り切り、今季初の連勝をマーク。山形は3連敗、最下位の大分は9連敗。

 頭をよぎる悪夢の記憶を振り払い、小笠原がチームの全得点をアシストした。前半8分、ゴール前30メートルからの右足FKを、フリーのFW興梠へ。あっさり先制ヘッドを後押しすると、わずか3分後にはペナルティーエリア内で再び興梠へラストパスを通した。

 因縁のピッチだった。前日には「気にならないですよ。忘れてた」と口にしたが、昨年9月の柏戦で左ひざに重傷。引退も覚悟したほどの危機を意識せずにいられるわけがなかった。

 この日もタフな試合となり、前半21分、体ごと相手を止めにいった小笠原にイエローが示された。それでも首位を走る主将として、チームのためにやるべき仕事がある。後半32分、ボールの奪い合いで再び相手に体をぶつけ、2枚目のイエロー。憮然(ぶぜん)とした表情でピッチを去った。

 やはり、因縁のピッチなのか。それでも、10人のピンチを仲間が守りきり、首位をがっちりキープした。ただ、代償は大きい。次節のG大阪戦(24日、アウェー)は大黒柱抜きとなる。3月18日のACL・上海申花戦で小笠原がスタメン復帰してから、鹿島は公式戦11勝1分け。しかし、先発から外れると1勝1分け2敗だ。

 しかし、あわやハットの活躍を見せた興梠は「(ゴールは)満男さんのおかげ。今はサブも心配ない。大丈夫です」と不安を見せず、MF中田浩も「いつでもいける手応えはある」と、代役のボランチ先発に意欲をのぞかせた。

 苦笑いのまま無言でバスへ乗り込んだキャプテンを、今度はチームがアシストする。(丸山汎)


興梠2発アピール!自画自賛の技あり弾

<柏・鹿島>ドリブル突破を図る鹿島・興梠慎三。この日2ゴールを決めて日本代表復帰をアピールした
Photo By スポニチ

 【鹿島2―1柏】鹿島のFW興梠が柏戦で2ゴールを決めた。前半8分にヘッドで1点目決めると、圧巻はその3分後だ。ペナルティーエリア内で柏の古賀を背負いながら小笠原のパスを受けると、絶妙なトラップから体を反転させて左足でシュートを打ち、サイドネットに突き刺した。「(ファースト)タッチが思った通りだったので打つだけだった。GKが一歩も動けなかったのでいいシュートだった」と興梠も自画自賛だ。

 07年10月6日の神戸戦以来となる2得点で日本代表復帰もアピール。「代表に入るにはチームで出ていないといけない。そういう意味ではアピールになった」と興梠。チームもリーグ戦4連勝で公式戦は13試合無敗。1試合少ない状態で2位・浦和との勝ち点差を2に広げた。「中断まで2試合、勝っておきたい」。鹿島を勝利に導いて、興梠は代表の道を切り開く。

[ 2009年05月17日 ]

中田浩二7カ月ぶり復帰「長かったよね」
 【鹿島2―1柏】昨秋に右ひざ軟骨除去手術を受けた鹿島のMF中田が公式戦に復帰した。後半19分に本山に代わって登場、安定したプレーでリズムをつくった。「(自分が)入ってある程度は落ち着かせることができた。復帰まで?長かったよね」と昨年10月1日の大宮戦以来となる試合出場に感慨深げ。オリヴェイラ監督は「ゲームを落ち着かせて、きょうの勝利は彼の貢献が大きい。近い将来、先発できると信じている」と中田に高い評価を与えていた。
[ 2009年05月17日 ]

興梠、開始11分で2発!鹿島4連勝!!首位ガッチリ…J1第12節

前半11分、この試合で2点目のゴールを決め、小笠原と喜ぶ鹿島・興梠(左)
 ◆J1第12節第1日 柏1―2鹿島(16日・日立柏サッカー場) 鹿島が柏を2―1で下し、4連勝を飾った。勝ち点を「26」に伸ばし、消化試合数が1試合少ないながらも、2位浦和との差を2に広げた。FW興梠慎三(22)が前半8分、11分と2得点。日本代表復帰へ、万全の状態をアピールした。

 格が違った。前半11分、左サイドからのクロスをニアで受けたFW興梠は、ゴールとは反対方向へトラップ。相手DFを置き去りにし、体を反転して左足を振り抜いた。「角度がなくて、あそこのコースしかなかった。GKも届かない」。左サイドから右サイドネットを揺らすワールドクラスのゴール。「うまく打てた」と白い歯がこぼれた。

 前半8分には、MF小笠原のFKに「蹴る前から相手がマークについていなかった。触るだけでした」とヘディングで先制点をたたき込み、07年10月6日の神戸戦以来、1年7か月ぶりの2得点。「代表はクラブで試合に出ていないと選ばれない。アピールになったかな」。チームを4連勝に導くとともに、日本代表復帰も視野にとらえた。


前半8分、先制のヘディングシュートを決める興梠

 代表には苦い思い出しかない。初選出された08年10月9日の親善試合UAE戦(新潟)後、移動した都内の宿舎で、がく然とした。用意された部屋は主力とは別フロアの一室。警備員も配置されず、一般客と同じ扱いだった。部屋を確保できなかったためだが、初選出の興梠はコミュニケーションを取ろうにも遮断され、とけ込めなかった。

 不遇に「これ、すぐに落選だよ」と悔しさをにじませ、「W杯直前で選ばれればいい」という楽観的な考えは吹き飛んだ。「誰もが認める結果を残して代表へ戻りたい」と思うようになった。今季4得点目にも「今年の目標は2ケタ。まだまだ少ない」と表情を引き締める。

 FW田中達(浦和)は左太もも裏の腱(けん)を痛め、6月のW杯最終予選の出場は絶望的。玉田(名古屋)は左足首痛を抱え、この日欠場。ほかの代表候補FWが万全ではない中、興梠は結果を出し続けている。21日に予定される代表発表前、最後のリーグ戦で見せた活躍は、岡田監督に届いたに違いない。

(2009年5月17日06時01分 スポーツ報知)

2アシストも小笠原退場…J1第12節
 ◆J1第12節第1日 柏1―2鹿島(16日・日立柏サッカー場) MF小笠原が2度の警告を受け、退場に。24日のG大阪戦は出場停止に。昨年9月20日の同戦で左ひざ前十字じん帯を損傷した会場で「気にしない」と話していたように2アシストしたが、途中でピッチを去る結果に「今日はダメ」とうつむいた。また、昨季右ひざの手術を受けたMF中田が昨年10月1日以来の復帰を果たした。
(2009年5月17日06時01分 スポーツ報知)

興梠一色になると予想しておったが、満男の因縁と退場、ユダの復帰が紙面を賑わせた。
とはいえ、代表と絡んだ興梠が最もニュースなのであろう。
本人も来年に迫ったW杯に出たい様子。
そうであれば、我等も協力を惜しまぬ。
興梠一人抜けたところで、よよも田代も大迫もおる攻撃陣に不安はない。
快く送り出したい。
曇った岡田氏の眼鏡に適うことを祈っておる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク