fc2ブログ

疑惑の知念慶のノーゴールについて

湘南戦での知念のバー直撃弾について解説するサカノワである。
一部ではVARにてチェックが入ってノーゴールとなったと話題になっておるがそれが誤りであることを伝える。
「VARルームでも、このシーンはチェックされている。ただボールがラインを越えたという事実を確認できないため、主審の判断に介入しなかった(VARの運用規定により「できなかった」)」とVARの限界を記す。
結局のところこのゴールを検証するにはカタールW杯でも運用されたゴールラインテクノロジーを導入する必要があり、現時点ではその予算を捻出することは難しい。
我らとしては無念に思うが、それもまたサッカーである。
誤審のあるなしを論議して話題にすることも含めて楽しんでいきたい。
個人的には、VARすら不要と思っている。
同節の名古屋ー横浜FC戦では、オフサイドのジャッジがVARがあるが故にオンサイドとジャッジされた。
そのシーンを確認したが、ユンカーは明らかにオフサイドの位置におり、ボールに反応しておる。
その時点でのオフサイドが適用されなかったのはVARが介入したこと、そしてその運用マニュアルのせいである。
こちらのジャッジにも許せないものがある。
このようにVARがあってさえも誤審やおかしなジャッジは後を絶たない。
逆にVARが確認するからと審判の質が下がるようにも思えてきた。
そうしたこことからも改めてVAR不要論を唱えたい。
誤審も含めてがサッカーなのである。

知念慶『幻の1ミリ弾』、ポストが死角でVARも判定できず。誤審か!?新たな課題に。J1リーグ湘南2-2鹿島

コメントの投稿

非公開コメント

VARが導入された時は、やっと誤審のストレスから解放されると思ったんですがね。
導入前よりもストレスを感じる現状は悲しいですね。

最終的には審判団の判断が介入するから期待はしてなかったけど、やっぱりそうなったね。

VAR(ビデオで誤審をアシスタントするレフェリー)

現在のVAR、必要でしょうか?ものすごく中途半端。
介入するなら色々な事象に、短時間でガッツリ絡んでほしい。
試合を止めまくり、リズムを悪くし、選手を荒れさせ、サポータが気になるプレーには介入せず、主審の誤審をアシスタントする。

VAR導入後は試合がダラダラしている。現状の介入ルールと長時間の試合中断が続くと非常につまらなくなる。

VARチェック動画もカメラ台数を増やすなり、解像度を上げるなり、DAZN等に映像提供してもらったりして、ジャッジの質と時間の短縮が出来るのであればVARも導入の価値があったと思えるのでしょうね。

VARの弊害

審判の質だけでなく実況の質も下げてると感じます。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク