FC2ブログ

代表選手二様

鹿島・興梠、代表復帰に「期待に応えたい」
2009.5.23 05:03
 鹿島のFW興梠は念願だった代表復帰に22日、「非常にうれしい」と顔をほころばせた。ACL・上海戦で痛めた右胸も骨に異常ないことが判明。この日も痛みで練習はできなかったが、「早く治して岡田監督の期待に応えたい」と誓った。同じく代表入りしたDF内田は大詰めのW杯予選にも「まだ行くって決まったわけじゃない。まずは(24日の)ガンバ戦が終わってから」と顔を引き締めていた。(鹿嶋市)

喜ぶ興梠と冷静な篤人である。
篤人の申すように、今はガンバ戦が重要である。
ほぼW杯出場を手中に収めた日本代表はさほど緊張感がない。
小笠原主将が出場停止の中で首位を維持せねばならぬJリーグは、アウェイの戦いということもあり、非常に緊迫しておる。
勝って中断期間を迎えたい。
これはチームの総意であろう。
代表については封印し、リーグ戦へ集中するときであろう。
我等も同じである。
邪悪なるアウェイの地へ集結し、声を送るのだ。
勝ち点を得て日本代表へ送り出したい。
足利直義は尊氏との対立を高め、遂に合戦へと向かう。
敗れ捉まえた直義を殺めることを決断した尊氏であった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク