fc2ブログ

ヴァンフォーレ甲府・中村亮太朗、ワンタッチパスで2ゴールを演出

ACL ヴァンフォーレ甲府-浙江緑城足球倶楽部を取材したゲキサカの竹内達也記者である。
甲府の先制点、2点目を演出した中村亮太朗について記す。
どちらもワンタッチにて前戦にボールを送り込んでおり、素晴らしいパス能力が披露された。
こうして改めて観て、この配球は魅力と強く感じさせられる。
ゴール前・最前線の状況を常に把握しておるからこそ出せるパスである。
ただJ1ではこのパスを出させる時間とスペースが与えられずに活躍の場を得られずに終えた。
強度の低かった天皇杯・HONDA FC戦にて活躍したこと事からもそれはよくわかる。
こうして夢想する姿を見ると嬉しくもあり、また無念な気持ちにもなる。
ただ今は、ACLでのGS突破とJ2でのJ1昇格プレーオフ圏内を目指して戦う戦士である。
更に活躍して我らに良い報を届けて欲しい。
注目しておる。

ACL&J2連戦も「素直に楽しい」甲府MF中村亮太朗が鮮やかダイレクトパスで2ゴール演出!

コメントの投稿

非公開コメント

中村以外にも、近年の鹿島は他クラブの良質の選手を獲得できている、と感じる。

その中で樋口のみ、ある程度は活躍できているが、それ以外の獲得選手は、鹿島では輝かず、他クラブに移ったら大活躍をして、永戸や奈良のように、鹿島が喉から手が出るほど欲しいタイトルまで、あっさり手にしてしまう。

そうなると鹿島の指導法、起用法、練習法、コミュニケーションなどに何かしらの弱点があったのではないか。少なくとも移籍後のクラブよりは劣っていた何かがあると推測できる。

むろん、選手とクラブの相性や待遇面など、様々な事情があったのだろう。

現状、鹿島の順位低迷とシンクロして、試合中に、それぞれの選手の良さが出し難い、出せていない歯痒さは、かなり感じる。

本番で、各選手の長所が出せなければ、J1カテゴリーで勝てるはずはない。指揮官は、最低限、長所を出し易い環境を戦術の中に組み込んで試合に送り出すのが最低限の義務だと思う。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク