fc2ブログ

名良橋晃氏、常勝を知るからこそ言わせてもらいます

鹿島アントラーズのタイトル逸について語ったThe Worldの名良橋晃氏である。
選手の欧州流出が激しくなり、以前のように戦力を維持することが出来なくなったことを挙げる。
そしてこの状況を打破するためにプレイモデルの構築こそが大事と言う。
数年前に満さんが語った事と同義である。
その為にザーゴ監督を招聘したことが記憶に蘇る。
そして現在、岩政大樹監督はこのプレイモデル構築で試行錯誤しておるとのこと。
だからこそ「私は以前の鹿島を知っている岩政監督にこのまま任せるべきだと考えています」と意見を述べる。
ザーゴから相馬、レネとコロコロと替えた事でプレイモデルが固まっておらぬと感じた様子。
果たしてそうであろうか。
1年半経っても未だに試行錯誤しているようでは、いつまで経ってもその描くプレイモデルが植え付けられるものではなかろう。
方向性があり、それを達成することが目的となっているのであればこうも選手に迷いが出るはずもない。
それ以上に「鈴木優磨に頼り過ぎている」と記されるように属人的すぎるチームになっていることは明らかでプレイモデル構築とは真逆になっておる。
この様子では構築されたとしても、このプレイモデルに合う選手を探すことの方が難しくなるように思う。
また、「ひとつ強調したいのは、戦術も大事ですが、もっとも重要なのは“絶対に勝つ”という強い気持ち、戦う強い気持ちだということです」という言葉が非常に重い。
上記のようにプレイモデルの構築とその試行錯誤ばかりが全面に出でており、選手の強い気持ちを奮い立たせることが出来ずにおると感じる。
これは指揮官の方向性であり、指導者・教育者としての面ばかりが先行しておるように思う。
鹿島アントラーズの監督はチームを勝たせられる、選手にやる気を出させる指揮官であるべき。
選手は勝つために鹿島に所属しておるのであって良いサッカーがしたいわけではない。
名良橋はこれについて「フロントです。声を大にして言いたいのですが、現場を少し疎かにしていないでしょうか?」とフロントに疑問を呈す。
そのようにOBの目には映っておるのだ。
我らが岩政大樹監督に責任を求める以上に、名良橋はフロントが「勝つために動いて」いないと感じておる様子。
これは鹿島が鹿島ではなくなっておるということであろう。
非常に残念な意見である。
クラブのブレが伝わってくる。
そして、このような記事が出るということは、クラブとして岩政大樹監督の続投を決めており、それを後押しするようメディアに依頼があったと推測する。
これが邪推であって欲しい。
フロントは勝利を目指しており、試行錯誤が続け、勝ち星を落とし続けることを評価していないと信じたい。
不安な気持ちにさせられるシーズン終盤である。

[名良橋晃]鹿島はなぜ無冠が続く? 常勝を知るからこそ言わせてもらいます

コメントの投稿

非公開コメント

岩政監督体制で一番痛いところは、若手が全くと言っていいほど育ってないところ。
海舟はもともと町田で主力だったから別として。
せめて若手が育っていれば来季にも希望を持てたのですが…
岩政体制を続けるなら優磨より、監督にモノ言えるぐらいのコーチ連れてこないと

鹿島アントラーズとはなんなのか。

30年見てきた自分が思うのは、勝利こそ最優先事項であるということ。勝利こそがサッカーであること。
ジーコスピリットは勝利を目指すことが最優先であると思っています。

原理さんや自分も含め、サポーターは下手したら現所属メンバーが生まれる前から鹿島アントラーズをみてきた。だから、鹿島アントラーズとはなんなのか。言語化できなくても肌感覚でわかっている。

だから、自分はあえていいたい。
鹿島アントラーズは、鹿島アントラーズであってほしい。別にプレーモデルなんて無くたっていい。トレンドなんかに乗らなくていい。
鹿島アントラーズは勝利を目指す集団であってほしい。

現代風のプレーモデルが無くては勝てない?
そうではないと思う。

自分としては、属人的であっても構わないと思う。属人的である事の方が鹿島アントラーズらしいのではないかと思う。

人の考え方や企業のあり方もそうだが、時代とともに変えなければならない部分と変えてはいけない部分があると思う。今の鹿島アントラーズは変えてはいけない部分を代えようとしている気がする。

だからこそ、いまジーコがチームに関わっているのは本当に本当に本当に有り難いことだと思う。もっともっとジーコの意見を聞いてもいいのではないか。

(ある人物の言葉を借りますが、、、)
Jリーグには二種類ある。

鹿島アントラーズ か それ以外か。

そういう存在になってもいいのではないか。
別にトレンドに乗ることが全てではないと思う。


石井さん、セレーゾ、オリベイラ。
候補はたくさんいる。

唯一無二になろうとして下位に甘んじるなら、それはそれで面白いんじゃないか。とさえ思ってしまう。

炎上覚悟で投稿します。

鹿島が鹿島であるために。
ヨーロッパ主流のプレイモデルよりも、Jリーグ上位のプレイモデルよりも、勝利へのこだわりがアントラーズのプレイモデルだと思う。
試合の内容、相手を圧倒した内容よりも、最後に鹿島が勝っている。
全ては勝利のために、それが鹿島が鹿島であるために。

ブラジル路線の元のスタイルでいてほしい。若手、アカデミーの育成頑張ってほしいです。0.0001%の奇跡を忘れずに応援し続けます。

No title

一つそもそも論として勝利への執念、モチベーションが高いチームを作ることと
属人的でない再現性のあるスタイル構築をすることは相反しないとおもうんですね
だって黄金期の川崎と今のマリノスは両立してるじゃないですか。

原理さんが推察するのも当然でナラさんが昔の鹿島を知ってるから岩政監督続投支持っていうのは強引すぎますね
岩政監督がやろうとしていることが選手に理解されなかったりサポーターに支持されないのは
経験実績の浅さゆえ選手たちに戦術スタイルを浸透させるメソッド、指導力をもっていない事が大きいかと。
解説者として説明が上手いのとこれは全く別の能力なんですよね。

個人的には原理さんがよく言われるザーゴ監督の頃が一番スタイルは明確でしたね
チャンス構築数、シュート本数、ポゼッションも高かったですし得点もリーグ3位くらいだったかと
そこから課題の守備面を修正した相馬体制までは勝ち点も高かったですし道は間違っていなかったかと

そのあとのレネ、岩政氏は迷走している感じなので強化部長が満さんから吉岡氏に変わったのも大きいかもですね
サポーターはもちろん選手たちの為にも岩政氏は今季限りで来季は実績あってスタイル確立できる監督にして欲しい
代表の森保監督の下で躍動する上田、海舟、町田を見て余計にそう思いました

たらればですが、個人的にはザーゴ監督にはもっと長く鹿島で指揮を取ってほしかったです。勝てない試合もあったものの、チャンス構築率の高さは、今年や去年と比較にならないものでした。
同じ我慢をするなら、ザーゴ監督でしたかった・・・
在籍選手の違いもあるので岩政監督を悪くいうつもりはないです。
そのときの選手、監督、フロント等の判断一つ一つの結果、結局はずっと無冠が続いているのでしょうから。

アントラーズのあるべき姿、理念には大いに賛同します。岩政監督の指導者としての経験不足(解説者としては有能でも)もその通りです。でも、いつの間にかリーグ中級チームクラスの選手たちばかりになったのは、ザーコ以来毎年のように監督を変えてきて、外から魅力的に見えなくなったからで、岩政監督の責任ではない。(勿論、方向性にブレがないのはさすがにアントラーズのフロントですが)
鈴木、上田、昌子に柴崎が揃った今、もう一年、岩政路線を継続させて欲しいと個人的には思っています。(100点でなくても継続することが大事)むしろ、YouTubeの練習動画や試合前の練習を見ててもジーコのいう基本、きちっと止める、受け手の欲しい所にきちんとパスを出す、ゴール隅にパスするかのように精確にシュートする、が疎かにみえるのが残念です。それが岩政監督の責任なら交代もやむを得ないかな。

岩政監督は今の結果で言えば鹿島の指揮官にはふさわしくないのですが、ここで新たな指揮官で新たなチームづくりをゼロからをするとして、若干の入れ替えがあったとしても今の選手がほぼ変わらない布陣で、果たして劇的に勝てるようなチームにできる凄腕監督はいるのか、全く検討がつきません。これだけ監督が変わっても勝てないのは、やはり指揮官でなくて選手の質だと残念ながら思わざるえません。もう指揮官に責任を全部ひっかぶせてチャラには出来ないのでは無いかと思います。岩政監督が経験不足なのは、最初からわかっていたこと。小笠原より年下なんですよ、態度や物言いからオヤジに見えるけど。でもその岩政監督に、それなりの経験を持った欧州人監督を切って、新しい鹿島を託したということは、早急な結果を望んでの同じ失敗の繰り返しをここで断つという覚悟が鹿島にあったはずです。また、ここで監督をすげ替えてゼロスタートするのであれば、きちんとした監督選考理由といずれ訪れるその監督を更迭する際の基準を示して欲しい。そういうことが見えないとサポーターは、チームの方向性も成長の歩みが進んでいるかどうかも分からないので、勝ったか負けたかでしかやっぱり見れない。個人的には、岩政監督が選手を愛することを辞めた時に、大化けすると期待しているのです、まだ。でもそれが出来なければ交代やむなしかと思います。

12月1日の時点での鹿島の感想です。

選手の個に頼って勝つサッカー、戦術を構築して勝つサッカー。

鹿島が現状どれになっているのか、正直、ほとんど勝てていないので、そのどちらも中途半端な状況なのでしょう。

よくマリノスがどんな選手を当てはめても戦術が完成されているのでブレないで勝てる、と言われます。
果たして、そうでしょうか?
ある程度は合意しますが、結局はマリノスの外人を含めたシティグループのスカウト能力が高く、外れ助っ人がほぼなく、基本能力が高く、Jの走りまくるサッカーに順応できる助っ人ばかりなので、苦もなくマリノス戦術をこなせる、という事ではないか。

日本人選手の質は。鹿島もマリノスも大差ないと思いますが、やはり、助っ人外国人の差が大きい。

岩政鹿島になってから、助っ人外国人の活躍のおかげで勝利できたという試合が何試合あったでしょう。
まず、このスカウト能力の差を埋めねばなりません。フロンターレも良い外人を獲得しています。

もうひとつ、岩政鹿島で気になるのは、個のサッカーにしても、戦術サッカーにしても、所詮は試合に臨むそれぞれの選手たちのモチベーションの高さが肝です。対戦相手より低ければ、絶対に勝て無い。

試合開始は高いのだが、失点したりすると、そのモチベーションが審判や対戦相手に向けられ、鹿島が勝つためのモチベーションではない方向に矛先が向いてしまう。

これを各人がコントロールできなければ、強豪にはとても勝てない。
下位にだけ勝てるのは、これが理由かも。

岩政監督が勝てなくなってきたので監督批判の声は多くなってきました。

もしそうなら、その岩政監督が攻撃の中心に据えて、フリーマンとしてお任せ状態にしていた鈴木選手に対する批判はないのでしようか。

夏場くらいまでは、得点王になれそうな程、好調だったが、それ以降は沈黙。

鈴木選手は勝ち試合への貢献度はかなり高い優れた選手。それは認めます。

しかし、ここからが問題なのですが、負けている試合や同点にされた試合などで、ほとんど鈴木選手が終盤まで出突っ張りなのだが、得点やアシストを期待されながら、試合から消えてしまっていて、ほとんど何もできなかった試合も実は多い。でなければ鹿島がこんな低い順位にいる訳がない。

その原因のひとつは岩政監督が本調子でない鈴木選手を途中交代できなかった事。

もうひとつは鈴木選手を超えるようなサブの攻撃選手がいなかった事。それでも出れば活躍できたかもしれない選手は何人かいたと思う。在籍時の染野、師岡など。

最後の理由が大切なのだが、鈴木選手の走行スピードと走行距離が試合を重ねるごとに消耗していき、夏場以降や試合の後半などは消えて、試合に関与できなかった。これは交代しなかった監督の責任でもあるが、スタミナを温存しながらのプレースタイルの構築やオフの持久力トレーニングが万全だったのか、などは鈴木選手の大きな課題だと思う。毎年、猛暑の後は、試合中、鹿島で一人だけバテてて歩いているので、永遠の課題だと思う。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク