fc2ブログ

Jリーグ 第33節 川崎フロンターレ戦



色々思う所はあるが、やりたいサッカーが出来ていた時間帯はあった。

コメントの投稿

非公開コメント

序盤のPK見逃しが無ければ多少は違った試合だったかなと思います。

なんでしょうね。
酷い完敗はそうなんですが、
試合内容は良い方だった感じがしました。
組織力の差を痛感しましたね。

シーズン中盤から終盤にかけて勝てなくなるのは何故なんでしょうね?優磨も点取れなくなるし。
結構危機的状況だと思うんですけどフロントはどうするんでしょうか、ファン、サポーター減っちゃいますよ、このままでは。

No title

今年の川崎に勝てずにいつ勝てるのか。
優磨のアンタッチャブル扱いはいつまで続くのか

やるせない。しかと見届けましたが、等々力の風は冷たいです、、、皆さん、気をつけて。お帰り下さい。

なんとなくやりたい事が見えたような気がしますが
やはり結果が全てなので
勝つ為の最短ルートをフロントも監督本当に考えないといけない様な気がする。

自滅かな

川崎にボールは廻されたが決定的なシーンは1点目くらいでそこまでやられていなかった。
2点目が大きかった。あそこはキーパーが指示を出すべきでコーナーに逃げるかキーパーに戻すかしか選択肢はない。須貝はしっかり戻って相手の前でボールを獲ったが貧乏くじを引いた。
3点目は早川の暴走。焦りからだとは思うがどう見てもペナの外に向かっていく選手に一か八かのチャレンジをする場面ではなかった。

No title

いつも、このカードに関しては、”喜怒哀楽”の感情がいっさい湧きません。

 

せめて最後に川崎には…って言う思いで観ていたのは自分だけではないはず。
虚しさだけが募る1年になってしまった。

もう強かった頃の鹿島の経験値だけで勝てる時代じゃない。来年こそは変わって欲しい。

3点目

3点目は早川というより、昌子が背後取られたことが問題。集中してほしい。

近くにいながらチケットが取れなかった。失態。
現地参戦の皆様、お疲れ様でした。 
アウェイが売り切れ、ホームのチケットならば取れましたが、それは死んでもできないと思い、DAZNで観戦しました。
乗り込んでくださったたくさんの鹿島サポに感謝。誇りです。
最後は勝って終わりたいですね。

攻める姿勢は感じられた。ただ、ゴールという結果が伴わない。耐えた相手はワンチャンスをモノにして余裕が生まれる。前半からグダグダの試合よりは希望を持てるんですが、こうも勝てないと結果が欲しいです

No title

川崎のほうが強かったのは認めるが、西村氏を鹿島と川崎の対戦に割り当てるのはやめていただきたい。
Jリーグは、わざとやっているのだろうか。

川崎戦が観戦してて1番燃える。今日はいいとこもたくさんあったので、本当に悔しい。惜しいは0点なんですよね…
この違いなんだろうな…

タイトルは無いので気楽に観戦する程度の心で観ていましたが段々と虚しくなってきました
一番悔しいのは選手だと思いますし、どんな時であれサポーターは選手に寄り添って欲しいですが、問題のある所については原理さんに我々の想いを代弁していただきたいです。

前半に良い攻撃はしていたが、
そこでパワーを使うなら得点ができないと!

なんなんでしょう、前半の知念への山村のPK疑惑。それ以外も川崎のアフター気味のファウルが多かったがスルー祭り。言いたくないが、これほど怪しげな判定が続くと疑念を超えて確信になるのが、本日はVAR担当だった西村のアンチ鹿島。こういう輩がいては、監督云々、選手云々ではない。西村が一切鹿島の試合に関わらない年があっても良い。それでも勝てないのか?あるいはそれでタイトルを獲るのか?Jリーグに試してもらいたい。そのくらいしてもいいでしょう。

No title

岩政が名将か愚将かはさておき、鹿島向きじゃないことは確か

得点シーンを見れば明らか、補強外人助っ人の差。他にも色々あるが、それが主な敗因と言っても良い。

鹿島はカイキ、エレケの稼働率が低すぎる。カイキは得点源として良い時期もあったのに、岩政氏になってから、どうした?

シーズン当初「補強をしないのが補強」とキッパリ宣言した岩政氏。
最初、何だ、それと思いましたが、国産の若手中堅選手が大勢伸びてくれれば、それもありと思い直した。

しかし、シーズン終了間際で、松村と佐野以外の多くの選手は伸びるどころか停滞、または退化している。
逆に鹿島を離れると、他クラブで大活躍する選手も多い。

「補強をしないのが補強」は、シーズン終了時に結果が出ていれば名言だったが、出ていなければ迷言。判断ミスだった。

来期は攻撃的助っ人外人とピトゥカの代わりが絶対に必要。

そして、以前から指摘されていたJ1監督経験の無い人物に、実績ある戦略参謀コーチ、あるいはJ1監督経験者などを補佐に付けないで、岩政氏一人に責任を負わせてきたのは、本人の希望かもしれないが無謀、無策過ぎる。ここはフロントが強く責められてもおかしくない。

結論は出ました。川崎、横浜、神戸に勝てる監督、選手をお願いします。その先にタイトル奪還があるはずです。

あの名門マンUがファーガソンが去ってから、鹿島と同じように弱体化している。ファーガソンは選手に対して、要求が高く、かなり厳しい監督として知られていた。鹿島も選手に厳しい監督が来れば変わるかもしれない。

やはりエース鈴木をアンタッチャブルにせず、例えば鈴木のポストプレーが機能せずロストが多い試合ならば、試合途中でも鈴木を交代させる事のできる監督を希望したい。

選手が100%で戦っていたなら、それを120〜150%以上に、より高めていける監督を希望したい。いわゆる選手から嫌われるタイプの監督。あえて憎まれ役を全部引き受ける事のできる強固な意志ある監督を希望したい。

荒木と鈴木のプレーエリアが被ってお互いに良さを消し合っているなら、二人と話し合いをして、二人の緊密な連携や約束事を戦術に落とし込める監督を希望したい。

上位をほとんど撃破して、たまに下位に取りこぼすチームのほうが応援しがいがあるし、我がクラブとして誇りが持てる。

今は全く逆のチームになってしまっている。

来期は、柴崎が鬼軍曹を買って出て、柴崎を核としたチームを、クラブ側が十分にサポートできるかどうか。どうも、ここ数年クラブのサポート力が弱いし、かなり甘い。心配だ。

鈴木は頼れるアウトローとして、リーダーとは違う、必殺仕事人のようなポジションに置いたほうが、本人にもクラブにも大きなプラスになると思う。当初よりだいぶ収まってきてはいるが、試合中、興奮してブチ切れするリーダーでは、まとまるチームもまとまらない。満男のように鹿島が勝つためのパフォーマンスとして割り切って怒れるようになるまで、鈴木のブチ切れは封印したほうが鹿島は勝てるようになると思う。

全ては鹿島がひとつでも勝つため、個人の不満を審判や対戦相手にぶつけて、八つ当たりをするためではないと肝に銘じていただきたい。勝つためです。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク