fc2ブログ

サッカーダイジェスト 川崎戦寸評

サッカーダイジェストの渡邊裕樹記者による川崎フロンターレ戦の寸評である。
惨敗に酷い採点となったが佐野海舟にだけは非常に高い評点が与えられた。
「MF:佐野海舟|採点6.5/初の代表活動を経て、心身ともに充実。守備以外でも積極性を発揮し、20分にはCKからヘディングシュートも。後半にも見せ場を作った。警告を受けたが、最後までクオリティが高く出色の出来だった」。
現地で観ておっても出色の出来であった。
ここまでのセントラルMFは歴代屈指とも言える。
光明が見えた反面、もう欧州は間近だなとも感じさせられる。
これでは、強い鹿島を作ることは難しいと強く思ってしまう。
今冬に海舟を留められるのでれば、それは吉岡FDの手腕と認められる。
また試合に関しては、データ的に「シュート数は10対7、走行距離でもわずかに上回り、スプリント数も135対121と試合を通しても十分に対抗できていた部分も少なくない」と結果の印象とは別に悪くはなかった。
なにか一つが欠けた試合であったと言えよう。
須貝のミス二つで先行されゴールが遠く終えた形とも一晩経って思う。
対川崎の準備は出来ておったのではなかろうか。
それが、「採点5/ハイプレスからのショートカウンターと、ボール保持を使い分ける戦いで、立ち上がりはある程度上手くいった。監督の責任だけではないが、選手交代で流れを変えられず、尻すぼみな内容に。終盤はパワープレーも視野に入れた陣形に変えるものの、機能しなかった」という岩政大樹監督の寸評にも表れる。
この試合だけでなく、試合中に流れを変えられぬ、引き戻せぬ所はこの監督に特徴のように思う。
これは経験不足だからなのか、そもそもそういう考えなのかをわからぬまま1年半が過ぎ去った。
結果的にこの試合だけでなく多くの勝ち点を失ったように思う。
色々悪いところが集約された試合であった。
それはこの寸評からも伝わってくる。
何をどう変えるのかはクラブが抱える問題である。

【採点寸評|鹿島】代表帰りの佐野が出色の出来! 2失点を招いた須貝は厳しい評価に[J1第33節 川崎 3-0 鹿島]

コメントの投稿

非公開コメント

須貝には頑張ってほしい

2失点にからんでしまったが、全体を通してみるとマルシーニョに対してしっかりといい守備をしていた。
1失点目は裏を取られたのはまずいが、届かないのに滑ってしまったのはよくない。正確にパスする余裕ができてしまった。滑らないで少しでもプレッシャーをかけた方がよかった。この辺はJ1での経験不足かな。
2失点目はGKがGKに戻すか、CKに逃げるか指示を出すべき。須貝だけの責任ではないと思う。相手の前に入ってボールを確保したところまでは評価すべき。
ただ、ディフェンスは失点に絡んでしまってはだめなので採点が低いのは仕方がない。

広瀬と交代したが、むしろ前半の押し込んだ時間に広瀬を出したかった。選手交代がちぐはぐな気がする。

岩政氏の選手交代は、交代時間帯も交代メンバーもほとんど固定されているので、対戦相手はかなり対策を立てやすい。

たまにニューカマーを起用するが、その選手は驚くほど消えたままの場合が多い。モチベーションの高め方が上手ではない。

オリヴェイラ氏、石井氏の場合は、先発起用も交代も全てハマっていた。その時、選手層は今より少しだけ厚く、代表クラスがあと3人は多かった。元代表だとその倍はいたと思う。やはり代表クラス、元代表クラスを集めてチーム作りをしなければ、Jのタイトルは狙えないと思う。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク