fc2ブログ

プライドが問われる最終戦、すべてを発揮した先に待っているものは

「この1年で積み上げられたものはそれぞれに違うだろうが、最後に悔いなく、積み上げたもののすべてを発揮する試合を期待したい」と記すJリーグ公式の田中滋氏によるプレビューである。
横浜FCは大量得点での勝利にJ1残留に一縷の望みを託し、鹿島は今シーズンの集大成として7試合ぶりの勝利を目指す。
勝利への執念が強いのはどちらかは明らかと言えよう。
とはいえ、ホームでの最終節にサポーターに対して勝利を届けたいという気概を見せられるかどうかは、来季に繋がる大きな心がけとも言える。
今季、タイトルを逃したことは無念であるが、それも多くの星をこの聖地・カシマスタジアムにて落としたことが大きな要因である。
何故にホームで勝てぬかを分析するのはスタッフに任せるとして、この最後に勝って笑顔を見せることが重要であることを肝に銘じて欲しい。
最下位に沈む相手に醜態をさらすようでは、来季に繋がる由もない。
幾人かはクラブを離れるであろうし、来季はまたチームも戦術も異なるはず。
しかしながら、継続してこのクラブにてプレーする選手は多い。
ここでこのスタジアムで戦う意味と意義を噛みしめて貰いたい。
カシマスタジアムでは常に勝利を。
重要な事柄である。

プライドが問われる最終戦。すべてを発揮した先に待っているものは

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク