fc2ブログ

柴崎岳、強力なリーダーシップに指揮官も期待

柴崎岳について記すサッカーダイジェストの河治良幸氏である。
様々なことが綴られるが、「柴崎が良い状態でチームに入り、終盤戦でタイトル獲得のラストピースになってほしかったというのが、岩政監督や強化部としても正直なところ」という一文が多くのことを物語っておる。
チーム合流がリーグタイトルが難しい状況となってからであり、そしてすぐに負傷離脱してしまった。
これでは本領発揮とは言えぬところであった。
ただこの短い試合時間で2アシストと結果を出したことは素晴らしい。
負傷明けにはチームの主軸に据えられるであろう。
そしてプレー以上にチームの精神的支柱として牽引することが求められる。
昨季、今季はチームが若すぎた。
それを全て解決する最後のピースが柴崎岳と誰もが期待している。
2024年シーズンに向けた現時点での明るい材料である。

なぜ鹿島は柴崎岳を求めたのか。チームの矢印を明確にできる存在。「満男さんじゃないけど...」強力なリーダーシップに指揮官も期待

コメントの投稿

非公開コメント

チームのサイクルとして、必要な血の入れ替えは当然あるが、年齢や経験値のバランスを考えても、やや急な印象を受ける入れ替わりであったのは確かだ。

ここがなんとも耳が痛い。せめて生え抜きのヤスは残しておくべきだった。
だから帰還組の岳や源ばかり取り上げられるけど、ずっと鹿島に居てくれてる聖真を大事にしてあげて欲しいと思う。

チームの自体の調子は良く無いが、現在、元鹿島の人々は、サッカー界の各方面に散らばって、代表の指導者(大岩、石井、内田)、Jの優勝監督(鬼木、石井)、優勝選手(大迫)として多数が実績をあげ評価されている。

これは、これまで鹿島が歩んできた道が間違っていなかった証拠。

鹿島関係者は自信を持って、精進していだきたい。

現状で、もし甘い部分や弱い部分があったら、厳しく改善して、甘さ弱さを克服していだきたい。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク