fc2ブログ

日刊スポーツ・岩田千代巳記者、目指すベクトル曖昧では迷走必至

岩政大樹監督の退任について記す日刊スポーツの岩田千代巳記者である。
今季を軽く振り返り、クラブのスタイルが固定されぬ事を問題と警鐘を鳴らす。
「岩政監督は「新しい鹿島」をつくるべく、攻撃の組み立て(ビルドアップ)や、流動性のある攻撃、臨機応変さを植え付けようとした。だが、現在の鹿島は個々の能力は高いが、岩政監督の理想をかなえる選手層には程遠かった。「ポステコグルー(前横浜監督)が2年でやることを1年でやる」と意気込んだが、かえって、あれもこれも詰め込みすぎ、逆に選手に混乱を与えた印象もある」と評す。
結局のところ選手の質とやりたいサッカーの融合が出来てなかったという感想であろう。
選手全員を入れ替えることは困難なので、いるサッカーでの最適解を探すことがクラブチームを率いる指揮官に求められる"仕事"ではないだろうか?
そこを勘違いしている人が多いように思う。
今回も岩政大樹監督が全てを背負っておるように、またその為に苦しんだようにも端からは見える。
だからこそ、もっと時間を与えるべきという意見が出てくるのであろう。
それは一つの考え方ではある。
ただクラブのスタイルを定めるには選手の質自体も揃える必要があり、それは監督には荷が重い。
時間をかけて作りきるのはビジョンを持った強化責任者の"仕事"である。
就任2年の吉岡FDにはまだ選手の入れ替えがやりきれておらぬと判断する。
そこでまた過去の選手を出戻りさせているところも、迷走のように映る。
レギュラーポジションを失った昌子源などはその被害者としか言いようがない。
マーケティング的な部分あり、難しいとは思うが、強い気持ちでチームを作っていくのだ。
次期監督招聘は三度目の正直。
吉岡FDの正念場である。

【記者の目】鹿島岩政監督5位で退任…常勝故に繰り返す交代、目指すベクトル曖昧では迷走必至

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク