fc2ブログ

さらば岩政大樹監督

退任する岩政大樹監督である。
5位での退任はどうかという考えの者も多かろう。
しかしながら、これは致し方がない。
理想を追うサッカーで、ハマると面白試合をしたが、上位には通じず、カップ戦でも勝負弱さばかりが目立ってしまった。
それ以上に逆転勝利がアウェイのFC東京戦の1回だけということに関しては采配に難有りと判断せざるを得ない。
このFC東京戦も選手交代で対応したわけではなく不運なカウンターで失点し、その後前半のうちに逆転した格好である。
特にチームに手を加えて逆転したわけではない。
またホームにて逆転負けが、今季だけで3度と、あり得ない結果となっておる。
カシマスタジアムにて先制したらサポーターに勝利を確信させねばならぬ。
それが出来ぬ監督には信頼は寄せられぬもの。
ここからもわかるように、準備に失敗した際には、試合中に対策を講じられず、先制されるとまず勝てない。
これでは誰も擁護は出来ぬであろう。
言い訳としては、今季の編成を顧みるに、優磨を1トップとする戦術を描いておった様に予想される。
それが機能せず、結果的に優磨の相棒に垣田を据えた2TOPにしたところでチームは機能した。
逆に垣田を欠いた試合ではことごとく星を落とした。
最終節では師岡が垣田のタスクをこなし光明を見せたが時既に遅し。
そして何より、かなり属人的なチームとなってしまっておった。
これは目指す方向性と真逆と言えよう。
ただこればっかりは岩政大樹監督だけの責任ではないとは思う。
しかしながら、現場責任者としてそこで勝ち点を積み重ねる必要があったはず。
また、岩政大樹監督の功績としては、早川の抜擢と関川の復調、樋口のセットプレーなどが挙げられる。
チームを成長させてくれたことは確か。
試合に挑む準備は周到であったことも戦術的・理論的監督の面目躍如であった。
良い指導者と思う。
いずれまた鹿島アントラーズFCに関わって欲しい。
それはそれなりに未来の話となろう。
お互いに次のステージである。

岩政 大樹監督 退任のお知らせ

コメントの投稿

非公開コメント

鹿島国立名古屋戦が今季で一番楽しかったな。

No title

岩政さんは経験ある監督の元で何年かトップ・コーチングを学び、いずれ鹿島の監督にの流れの招聘だったと思われる。予定をだいぶ前倒しで監督就任させるをえず、恩返しに帰ってきた、(選手時代含めて)12年間ありがとうと、言わせてしまった。

リーグ終盤の流れで、ある程度の覚悟はしていたが、今後の鹿島はどうなってしまうのだろう。来年からは監督招聘に大予算を割いてはどうだろうか?何れにしても年末年始のニュースが怖い。

  

国立戦は本当に強い鹿島でしたね。ホームセレッソ戦も。
ああいう勝利の勢いを保てずに、シーズン通して自滅みたいな負けを繰り返したのは残念。

ただ夏場までは確かに新しい鹿島を期待させてくれました。
まずはゆっくり休んで、何年後かに帰還してほしいです。

岩政さん、お疲れ様でした。思うような結果がでず、相当なストレスやプレッシャーもあったと思います。しっかり静養されて、また何かしらの形で鹿島に関わっていただきたいです。

トレーナーとモチベーターでしたっけ?岩政の指導で栄養を蓄えたまだ蕾の選手達が、新しい監督の下で力強く花開くことを切に願っています。

ただただ残念です。ブラジル路線に戻って下さい。

やっぱり彼は監督より強化部の方があってる気がするんだよな。まあ外から見た印象だけだけど。

ここまできてしまったなら、ジーコ➕小笠原などで臨んでほしいなどと妄想も。まあ、ジーコもチャンピオンズリーグ、ベスト8からあまりに時間が経ちすぎてしまったから単なる妄想だけど。実績ある人と育てたい人のセットで。
結果的にOBが石もて追われるような展開はキツいな。誰も鹿島に戻らなくなってしまうのではと….

立場、目線によって見える景色はちがいます。
開幕当初は、今年は降格枠一つだから来季以降への基盤づくりという雰囲気だったのに、優勝が見えてくると、勝つことを要求したりと、こちら側もブレていたのはないでしょうか。
そんな中、来季を見据えてブレずに指揮を取ってくれたと個人的には思っています。
来季このメンバーが結果を出せればそれは岩政監督のおかげと言っていいのではないでしょうか。
その時、私達は岩政監督に何をしてあげられるか考えながら開幕を期待して待ちたいと思います。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク