fc2ブログ

染野唯月と松村優太、同期の絆

染野唯月について記すサッカーキングの元川悦子女史である。
同期の松村との絡みが綴られる。
染野は2年連続でヴェルディへの期限付き移籍をした。
昨季もレギュラーに据えられたが、年末には鹿島に復帰した。
今期もまた夏にレンタルを選択し、レギュラーポジションを奪い、チーム得点王に加えJ1昇格プレーオフでは昇格を掴み取るPK奪取とそのPKを決めきる心臓を見せつけた。
このように外に出る選択肢については松村に波及しており、「これがサッカー人生だなと思ったし、誰がどこで何をするかは行ってみないと分からないこと。僕だって正直、今年の夏に外へ出ようを考えた。岩政(大樹)監督に引き止められましたけど、染野は染野で環境を変えてチャレンジすることを選択し、J2で得点を重ねて最後の最後にチームの歴史に残るパフォーマンスをした。そういうのを見て自分も切磋琢磨しようと思えるんです」というコメントが伝えられた。
今夏に松村もクラブを離れる状況であったとのこと。
これには恐怖を覚えた。
松村ほどのタレントが流出寸前であったとは、恐ろしい過去である。
松村は昨季終盤にポジションを得たように思えたが、2023年シーズンが開幕してみると移籍してきた藤井が信頼を得てスタメン位なを連ねた。
これには少々驚いた。
ただこの補強を強化部がしたように松村にはそれほどの信頼がなかったのであろう。
ただ夏の放出は岩政大樹監督が引き留めたとのこと。
これは良い仕事であった。
それもあってシーズン終盤にまたポジションを確立した。
来季はスタメンに名を連ねるであろう。
染野と松村、影響し合い切磋琢磨する。
楽しみな存在である。

東京Vを16年ぶりJ1復帰へ導いた染野唯月。鹿島同期の松村優太にも大きな刺激を

コメントの投稿

非公開コメント

クロスとラストパスの精度が悪すぎるから改善しないと。守備時の原理原則もいい加減おぼえないと来季もスタメンは厳しそうですが。。。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク