fc2ブログ

昌子源、新しい鹿島とは何か

この1年を振り返る昌子源である。
「個人的にも正直、プロサッカー人生で一番、楽しくない1年でした」と言う。
チームは勝てず、昌子自身も先発から遠のき、プレーする側としても不満の残るシーズンであったことがわかる。
レギュラーポジション争いはどの選手にもあることで、そこは努力でなんとでもなるはず。
更に観ていた我らとしても、「この失点は昌子なら防げていたな」と思われるシーンは皆無で、源を求める声がなかったことも事実である。
いずれにせよ、来シーズンのポジション争いには注目したい。
また昨年末の鹿島復帰する際、吉岡FDから、「新しい鹿島を作るためには、クラブが歴史の中で育んできた『鹿島とは』を体現できる土台が不可欠。その『鹿島とは』を体現できる一人が源だと思っている」と語られ、その言葉がこの1年間、頭から離れなかったことを明かす。
そして「結論から言って1年が経った今も、何を持って「新しい鹿島」と言えばいいのか、今もわかっていないというのが正直な気持ち」と"新しい鹿島"の答えは見つからず、それは「タイトルを獲る」ことではないと結論付ける。
納得する意見である。
単にタイトルを獲ることがクラブの新しい形とするならば、それは他クラブと大差はない。
良い選手を集めてまともな指揮官に託すだけである。
そうでは無い何かが昌子源に託されたということに、本人も困惑と苦悩したように思う。
鹿島の黄金期に在籍し、ワールドカップ出場、欧州移籍を果たしたベテランとして、クラブとしては大きなもの・ことを期待した。
ただそれは、まだ選手である昌子源には大きすぎたように端からは感じさせられる。
昌子源自身が、「クラブ、チームとしても今一度『新しい鹿島』を作るために、何を捨てて、何を積み上げていくのかをしっかり考えるべきじゃないか」と言うように、クラブとして"新しい鹿島"を具現化して伝える義務があるように思う。
そしてそれは、"新しくするならば"である。
そんなことはする必要はないのではなかろうか。
"鹿島"は『鹿島』で良いはず。
それを思い起こして、新たにスタートして欲しい。
鹿島アントラーズFC創成期から応援する者の心からの叫びである。

新しい鹿島とは何か。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

鹿島が鹿島であるために源が戻ってきたのだと思っていました。
それは植田しかり、岳しかりでもあると思います。

強い鹿島を復活させるため、彼らや現有の土居や優磨などが土台になり、選手の移籍サイクルの激しい現代に適用していくのなら話は分かりますが、「新しい鹿島」の定義造りを選手に任せるのはちょっと違うかなと...チーム造りは強化部がやるべき仕事だと思うので、答えのない中で源は辛かったと思いますね。

だからうまくいかない時に、選手たちが立ち返る場所がなく、結果として勝ちに繋がらず低迷の原因にもなったのかなと、率直に個人的に思いました。

No title

移籍の噂もありますが、この記事読む限り来季も居てくれそうですね。
一見絶対的レギュラーは植田で、関川との争いと思いがちだけど、植田も股抜きゴール許したりして完璧ではなかったから、来期は3人のバチバチした争い期待したいです。

正直、源は出ていく気がします。ここから脂が乗って海外移籍のなさそうな関川、フィジカルメンタル共に充実して足りないのはビルドアップだけの植田。ここに割って入れる選手は国内では見当たらない

昌子のコラムの最後にあった目のことが、心配ですね。
何事もないと良いですが・・・

移籍しないで下さい。
最終節、関川選手あぶなって思ったところありましたし…
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク