fc2ブログ

吉岡宗重FD、特に“色”が付いていなかった点も良かった

吉岡宗重FDにインタビューを敢行したSPORTS BUSINESS LABORATORYである。
強化部としてのキャリア形成と鹿島アントラーズFCへの移籍などバックボーンを語り、鹿島の哲学についても口にする。
"わかっている"ことは伝わってくる。
そして現状として、
・長年培ってきたものを引き継ぎながら、ピッチ内外で変化のサイクルが非常に早くなってきているので、それを確実にキャッチアップしていくことが必要
・マーケティングなど様々な分野で情報交換ができるクラブを探したい
とのこと。
情報についてと提携クラブの模索が行われておる様子。
これはこれで重要と言えよう。
また近年のフットボール事情として、「フィジカル的な要素は上げていく必要がある」と言う。
これは明らかに進んできておる。
長年Jリーグを観てきたが、日本サッカーのフィジカルは急激に上昇した。
その甲斐あって早期に欧州移籍する選手が増えた。
リーグ全体として体格、強度的に欧州基準に近くなったのである。
そこで鹿島アントラーズの優位性が保てなくなったことも事実であろう。
新たな優位性を模索しておることは、この記事ではなく別のソースから強く感じさせられる。
それを決めてチームに与えるのは吉岡宗重FDの”仕事”である。
満さんの後継者として新たな道を切り開いて欲しい。
期待しておる。

10年先を見据えた人事【前編】

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク