fc2ブログ

フットボールチャンネル “ガッカリ”外国人選手10人

“ガッカリ”外国人選手10人を挙げたフットボールチャンネル編集部である。
そのトップにエレケの名がある。
出場時間が少なすぎるせいもあってフットボールチャンネル編集部としてはプレースタイルすら記されぬ。
エレケは競り合いを嫌がってサイドに流れ、相手DFから距離を取るポジショニングする。
ただJリーグの守備陣は真面目に守るので、多少離れていてもすぐに圧がかかるので、それでは味方からのボールは引き出せぬ。
それもあって圧倒的にボールタッチが少ないFWであった。
今季の2度のプレーを思い出すと、ガンバ戦では奇跡的にPAにてボールを受けられたが、タッチがままならずシュートどころかCKを得ることもなくボールを奪われた。
Fマリノス戦では右サイドの広大なスペースにてボールが来た。
上記のようにサイドにてフリーなポジションを取っておったことが功を奏したシーンであった。
そこで何を思ったかワンタッチボレーシュートを打ってチャンスをフイにした事で記憶に残る。
あの距離で強くもないシュートが入ると思ったのであろうか。
それ以上に枠すら捉えておらぬ。
これには腰砕けした事ばかりが思い出される。
両試合とも1点差だったので、この千載一遇のチャンスにこのプレーを選択されると、観ておるこっちが困ってしまった。
またウイングが本職という噂もあったが、走らない・守備しないプレースタイルでは守備が崩壊してしまう。
使いどころのない選手であったことをここに記したい。
ただ、この記事に10人が挙げられたように他クラブにもハズレ助っ人はおった。
鹿島アントラーズFCの強化部だけが失敗しておるわけではない。
しかしながら、去年末にエレケの移籍先を見つけられなかったのは、満さんに比べて吉岡FDの手腕が劣るように思える。
もしかして当時の岩政大樹監督が戦力として推したのやも知れぬ。
だとすると、岩政大樹監督の鑑識眼に疑問符となろう。
またFC東京と契約解除に至ったレアンドロもここに名を連ねておる。
しかしながら、レアンドロは選手としては天下一品であった。
メンタル面に難を抱えただけである。
それが致命的なほどであった選手と言えよう。
サッカー選手は色々と揃っていることが大事であることがよくわかる。
助っ人はチームの成績に直結する大きなファクターであるので、選考をきちんとする必要がある。
来季の鹿島アントラーズFCは新たな外国人助っ人を迎え入れることが予想される。
技術とメンタルを兼ね備えた絶対的な選手を獲得したい。
注目である。

期待外れ…。Jリーグ“ガッカリ”外国人選手10人。2023シーズン、大苦戦した助っ人たち

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク