fc2ブログ

柳沢敦ユース監督、最後に最高のゲームをしてくれた

柳沢敦ユース監督を取材した高校サッカードットコムの古部亮記者である。
5年ぶりプレミアリーグ復帰についてコメントを発す。
「本当に1年間チームの目標だったプレミア昇格を果たせたことを非常に嬉しく思います。今日は選手がまとまって、最後に最高のゲームをしてくれました」とチームへの賞賛を語る。
チームの総合力にて昇格を勝ち取ったことが伝わってくる。
そして、「『トップチームに選手を上げるには』と考えた時に、フィジカル的にまだまだ未熟さを感じていた。新しいスタッフが入ってきてくれた中でその辺を改善してくれたのが大きい」とユー監督に就任してから考えてきたことが改善された旨を口にする。
クラブを挙げてアカデミー強化に動いておることが結実しつつある。
また来季からプレミアリーグに戦いの場を移すことについて、「技術の高いチーム、それからフィジカル的に高いチームなど、プリンスでもクラブチームと高体連のチームでカラーの違うチームはあります、プレミアの方がよりレベルが高くて、強度も高いので、チームとしても1ランク2ランク上げていかないといけない」と抱負を語る。
一部ではトップチームの監督が決まらないため柳沢敦ユース監督をトップに引き上げるのではとの声を見かけるが、柳沢敦本人はこのユースの指導者を続けることがよくわかる。
アカデミーとトップは別物という体制であると強く感じさせられる。
クラブの方向性は定まっており、未来への土壌は培われた。
来季のプレミアリーグでの戦いが楽しみである。

鹿島ユース柳沢敦監督「最後に最高のゲームをしてくれた」プレミアリーグ復帰へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク