fc2ブログ

鹿島が直面する、常勝軍団再建の難しさ

サッカー批評Webに2023年シーズンの鹿島アントラーズについてを寄稿した元川悦子女史である。
サッカーダイジェストと同様に取材が浅く、真理を突いてはいない。
とはいえ、吉岡FDのコメントなどからOBの呼び戻しで根本的改善を試みておることが伝わってくる。
ここが機能してないのではなかろうか。
OBは鹿島の全盛期を知り、メンタルも強く、実績・実力を持ち合わせる。
単なるグッドプレーヤーではない。
しかしながら、やはり選手という立場を逸脱することは出来ぬ。
やはりここは、監督とコーチが強く指導力を発揮すべきであったと思う。
コーチにはプロ経験のない者を配し、監督は経験不足とあって、このあたりが問題点だったように思う。
ただこの新米監督には覚悟が足りなかったようにも見える。
上記のことをOBの力に頼ろうとするクラブの意向に任せ、自身でやりきろうとしてなかったように見受けられる。
仕事として受けた以上、新米もベテランもない。
全ての業務を完璧にこなしてこその責任者なのである。
助力を仰ぐことは良いことであるが、最初から頼るようでは、選手はついてこないように思う。
いずれにせよ2023年シーズンはタイトルを取れずに終えた。
それも加味されて続投の方針も崩れて指揮官交代となった。
来季はまた新しい鹿島が作られる。
それを楽しみにしたい。
期待しておる。

【鹿島が直面する、常勝軍団再建の難しさ(1)】岩政監督も1年半で事実上の解任……クラブ内にある根強い「レジェンドを呼び戻せば何とかなる」の考え方

【鹿島が直面する、常勝軍団再建の難しさ(2)】「OB呼び戻しでDNAの継承は続ける」と話す吉岡FDの思惑……来季のカギを握る柴崎岳の存在

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近の報道にもありますが、外国人監督と日本人コーチの組み合わせが最もバランスが良いのと。
原理主義さんの言う通り、コーチ候補には石井さんの名前もあるようで期待してます。
個人には黒崎氏も良いのかと思います。

このあたりは考え方や視点によってだいぶ印象が変わってきます。

吉岡氏と岩政氏だったからこそ、ジーコが現場から消えた鹿島でも何とか5位に滑り込めたが、他の組合せだったら、鹿島はもっとが順位が低かったかもしれない。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク