fc2ブログ

鹿島アントラーズFC、パレジ獲得へ

パレジを獲得と報じるスポーツニッポンである。
ブラジル2部所属の右利きのウイングで34試合6G6Aとのこと。
純然たるストライカーでは無いところは気になるが、ブラジル人アタッカーの補強は朗報。
またポポヴィッチ監督が優磨のストライカーとしてプレーさせればその問題は解決する。
新たな補強の報に喜び勇む朝である。

鹿島 ブラジル人FWパレジを獲得 ブラジル2部ビラノバに所属

コメントの投稿

非公開コメント

左サイドメインでストライカーとしても使えるとなるとカイキの代わりの様な気もします

No title

ブラジル人選手がいてこそ鹿島。
吉岡FDが脱ブラジルでなくてよかった。


で、今オフ退団の外国籍人選手は4人ですね。

No title

キーパーとの1対1の場面で確実に決められるとか、ゴール前フリーでボールを受けたらシュートを枠内に打てるとか、基本ではあるんですが他のクラブで活躍してる外国籍アタッカーは出来ているんですよね。
鹿島で言えば1年目のエヴェラウド、セルジーニョ、カイオ、マルキーニョスあたりまで遡らなければならない。
点は取れないでもチャンスメイクしてくれるならそれでも良いんですけどね、ベンチ入りすら怪しいレベルはもう懲り懲りです。

No title

ウイングの時はきっちり開き、
中央で使われる時は二列目での起用が多かった印象です。
バイタルエリアでの振り向き様のシュートが得意で、
ゴールの半分はこのパターンですね。
アシストのパスも精度は高いと思います。
難点はスピードもパワーも並で詰められると
自力で突破する術は持っていないところでしょうか。
ただ周囲へ散らして逃げる事は出来ます。

来日前のピトゥカの紹介動画で、スーパーゴールシーンがたくさんあり期待していましたが、Jでは、その得点力はほとんど発揮できませんでした。
その代わりディフェンス力とビルドアップ力は発揮してくれましたが。

これを冷静に分析すると、ピトゥカが本来持っている決定力云々というより、やはりJの各クラブのディフェンス力が年々向上して、ブラジル人だからといって、特別な存在ではなく抑え込まれる選手もいるのではないかと考えられます。

それと、元々Jリーグのサッカーは試合中かなり走り回ると言われていますが、それに加えザーゴ氏からの鹿島では、監督が交代しても継続的に縦に速いサッカーにチャレンジしていました。
その縦への速さにピトゥカがいまいち適応できず、フィニッシュで焦ってシュートミスを連発していたようにも見えました。

要するに、マルキ、エヴェラウド初年度のように、Jリーグで得点を量産できるブラジル人を獲得するのは、年々、困難になっていると思われます。

来期は、シュート力はそこそこでも、せめてアシスト力は、鈴木と樋口レベルの選手が一人来てくれれば鹿島は明るいと思います。
最低限そこは期待したい。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク