fc2ブログ

松村優太、「注目銘柄7選」選出

河治良幸氏の「注目銘柄7選」について記すサッカーダイジェストの白鳥和洋記者である。
その7人目として松村優太が挙げられる。
「日の丸を背負って立てる潜在能力と野心を秘めていて、実際、プレーを見ても個で違いを作り出せます。それでいて、味方の動きに合わせられる柔軟性も備えているので、取り上げました」と評されておる。
個の強さと柔軟性が評価ポイントとのこと。
非常に高く評価されておる。
松村は2023年シーズン序盤はポジションを失っておったものの、シーズン終盤に自身の力でポジションを得た。
這い上がるメンタルも持っておる。
また、「このままアウトサイドで縦に抜けてクロスというパターンを磨いていくのも良いですが、彼の伸びしろを考えたらその武器の使いどころをより考えた方がいいと思います。伊東純也選手も縦に速いイメージがあるものの、インラーラップしたりゴール前に入って行ったり、そういうプレーを示しつつ最大の武器である縦への突破をここぞという局面で使う。そういうスタンスを身に付けてほしいと鹿島の岩政監督も思っていたそうで、彼に熱心にそう言っていたようです」と河治良幸氏が語るように日本代表の伊東純也が参考となる。
伊東純也は大卒でプロ入りして甲府、柏、そして欧州とステップアップして日本代表でも確固たる位置を作った。
松村は来年、2024年シーズンが大卒の年代となる。
ここからプレーを磨くことで、大きく跳ね上がるであろう。
スケールの大きなアタッカーとして飛躍して貰おう。
楽しみなスピードスターである。

「伊東純也のようなスタンスを身に付けてほしい」ブレイクの兆しが窺える鹿島のアタッカーは「日の丸を背負って立てる潜在能力と野心を秘める」

コメントの投稿

非公開コメント

No title

来シーズンは7番かな。

オフェンスはちょっとずつ良くなってるから、あとは本当にディフェンス時の立ち位置やプレスのかけ方だけ。ちょっと時間はかかってるけど来季こそブレイクしてほしい。

本人も伊東純也を参考にしていると言っていましたね。
鹿島のサイドもしてやられた記憶。
あのレベルが味方になれば百人力ですよ。

もし対戦相手にいたら、何か仕掛けてきて、一発やられそうな嫌なタイプ。

本当なら鹿島の全員がそうならなくてはならない。

今年の鹿島は、上位の対戦相手のサポから、鹿島にあのDF選手とあの監督がいるので何か勝てそうなどと、かなり楽観視されていたらしいので、非常に悔しかった。
実際、対戦戦績もそうなっていたので、本当によろしくない。

鹿島の選手とスタッフ全員が、対戦相手から嫌な奴らと思われるようなチームを作っていただきたい。

良い子のままで勝とうなんて、世の中そんなに甘くはないはず。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク