fc2ブログ

恩師が明かす濃野公人の良さ「突き進めるのが長所」

PSM水戸戦を取材したフットボールチャンネルの元川悦子女史である。
濃野公人にスポットを当てる。
「この日の鹿島は序盤からいいリズムでボールをつなぎ、主導権を握った。中盤の知念も大きな展開やパス出しを披露。チームに新たなエッセンスをもたらした」と試合前半を評した上で、「右SBの濃野も新人とは思えないほど積極的な攻撃参加を見せ、存在感をアピールした。彼は右で縦に並ぶ藤井智也と近い距離感を取り、お互いがお互いを生かそうという強い意識が感じられた」と記す。
確かに濃野はルーキーとは思えぬプレーを連発し、右サイドを任せるに十分の感触をもたらせた。
強化部の判断は正しかったように見える。
大津の恩師・平岡和徳総監督が「彼はもともと攻撃的なプレーヤー。SBというポジションでも自分が入っていける時間とスペースが前にあるかどうかをつねに考え、突き進めるのが長所。勝ちにこだわる強気の性格、自己探求心の旺盛さもあるので、鹿島で大きく飛躍できるだけの器があると思います」と濃野を評するように、向上心とサッカーという球技への探究心を忘れぬ選手のように受け取れる。
これは期待が更に高まる。
そもそも鹿島のSBは攻撃的ポジションからコンバートされた選手が多い。
内田篤人を筆頭に、名良橋晃、西大伍、山本脩斗、内藤就行と枚挙に暇がない。
そして悦ちゃんは濃野公人の「『内田篤人さんのような選手』とかよくメディアの方に言っていただくんですけど、自分としてはまだまだ足りないことだらけ。まだ比べられるような存在ではないと思います。でもそういう人たちに追いついて、追い越していきたいですし、自分の良さを上乗せできるような選手になりたいと思っています。
 鹿島を代表する選手、日本を代表する選手になっていくためにも、守備の部分で絶対に行かせない、割らせないっていうところを意識的にやっていかないといけない。攻撃面でも最後のクロスをしっかり合わせるだとか、アシスト、ゴールに繋げるっていう部分にこだわることが大事。それをやらないと、いくら伸びしろがあったとしても伸びていかないなと思うんで、しっかりいろんなことを勉強しながら成長していきたいですね」というコメントを伝える。
PSM水戸戦では、守備の部分を見せる機会がそもそもなかったため、守備でどれだけなのかは確認出来ずに終えた。
だが、ここまでずっと主力組にて起用されておることからも、開幕の名古屋グランパス戦でもスタメン起用されよう。
ルーキーとは思えぬプレーで勝利に導いて貰いたい。
2024年シーズンの明るい話題である。

「濃野公人は鹿島アントラーズで大きく飛躍できる」大津高校時代の恩師が明かす素顔「内田篤人さんのような…」【コラム】

コメントの投稿

非公開コメント

内藤就行嬉しいです。
ついでに大場さんや、なんたって賀谷さんもよろしくお願いします。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク