fc2ブログ

新生アントラーズ、PSMで見えたポポヴィッチサッカーの浸透度

2024年シーズンの鹿島アントラーズについてサッカーダイジェストに寄稿した元川悦子女史である。
「新体制へ移行した鹿島アントラーズの2024年の出足は今のところ悪くなさそうだ」と評す。
PSM水戸戦の出来からの予想である。
そして選手コメントから、「“ボトムアップ型指揮官”だった岩政大樹前監督は、ビルドアップや攻撃の組み立てなどを選手の判断に任せる部分が多かったが、ポポヴィッチ監督は基本的なパターンを徹底的に反復させるタイプ」と昨季からの指導法の差を伝える。
これはこれで、別路線であり、それぞれの監督としての個性と今は感じさせられる。
ただ、チーム全員に対して底上げしてチームを造りたかった前任者は、34人もの大所帯から11人を選別する責任者として選手の意向を考慮しようとしたこともあって歪になっていったように今は思う。
それは昨年を振り返る岩政大樹監督の後のコメントから読み取れる。
経験不足という言葉で片付けられてしまうことには失ったものの大きさが辛いところ。
そして現在のポポヴィッチ監督は方向性を強く示し、レギュラーとサブの垣根は大きい。
全くもって逆方向ではある。
そして元川悦子女史は、「選手たちはやるべきことを明確にしやすいし、意図を持ってピッチ上で実践できる。新体制でスタートしたばかりの鹿島にとっては、その方がチーム作りは早く進むのかもしれない」とこの方向性に対してポジティブに記す。
PSM水戸戦の(前半の)内容が良かったことがそれを後押ししよう。
そして、「ただ、1つ懸念材料があるとすれば、ポポヴィッチ監督の主力とサブを区分けするチームマネジメントか」と主力組とサブ組をハッキリ分ける指導法については少々ネガティブではある。
2月11日の練習を取材し、選手のコメントからも、その難しさが伝わってくる。
ただ、ここ2年タイトルから遠ざかっており、クラブとしてタイトル奪還への強い要望がある。
それを考慮してのポポヴィッチ監督招聘であり、そうなるとハッキリさせるマネージメントも致し方がないことは明確と言えよう。
選手の総人数も絞り、集中させてタイトルに挑む。
それが伝わってくる。
精鋭たちがピッチに立って勝利を掴み取るのだ。
それが2024年シーズンの鹿島アントラーズである。

新生アントラーズ、PSMで見えたポポヴィッチサッカーの浸透度。1つ懸念材料があるとすれば...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク