fc2ブログ

関川郁万、練習合流



2月13日の練習風景を伝える鹿島アントラーズFC公式Xアカウントである。
優磨の元気な姿を映す。
この調子ならば5週間と発表されながらも開幕戦には戻って来られそうである。
それ以上に関川が練習に合流しておる。
これこそ朗報。
これならば盤石なのではなかろうか。
関川のパス能力、持ち上がりが今のチームにもたらす影響は大きすぎる。
攻撃力アップ間違いなしと言えよう。
開幕戦が楽しみである。

コメントの投稿

非公開コメント

正直、津久井は水戸戦のレベルの強度で前半で足がつるレベルではまだフィジカルが基準に達していないので関川が間に合いそうなので一安心です。
間に合わないと助っ人CBを獲得してもビザの関係で開幕から育成枠の津久井動員になっていたので良かったです。

No title

優磨は満男イズムで復帰を早めそうとは思ってましたが、開幕先発はなくてもベンチにいるだけで相手は怖いでしょうね
関川もいるならCBの懸念材料は一つ減るかな?しかしバックアップがいないと怖いのは変わらず
心配なのは岳、どれくらいの怪我だったのか。知念がボランチ開眼して奮戦してくれれば岳復帰後や海舟移籍後も安心なんで結果を出してほしいですね

関川が開幕出られないとパニックバイになろうと選手を獲得しなければマズかったのでひとまずは安心ですが、植田、関川の対抗馬になるレベルの助っ人CBと水戸戦を見ても津久井と関川との間にレベルの差がありすぎてまだバックアッパーにならないのでコスパの良いベテランか特指の大学生等の津久井と関川の間のレベルの選手がいればバランスは良さそうですね。

確かに現状は関川の方が強度はある。
でも津久には関川にはないクレバーな判断とポジションニング、カバーリング、クロス時のマークの受け渡しなど関川より優れている点も多くみられた。まだ簡単にベンチに行くのではなく関川から自分の強みを活かしてスタメン奪取するくらいのアピールをして欲しい。
期待しております。

チームが超攻撃的モードに入った時、確かに関川のパスは有効。

と同時に、対戦相手にそのパスをインターセプトされ、関川が前のめりになった裏をとられて絵に描いたようなカウンター攻撃を受けたりと、ポポビッチ氏の戦術だと、関川の長所、短所の両方が局面、局面で顔を出すだろう。いわゆる1試合の中でプラマイゼロになる気がする、マイナスよりは良いが、プラスにはなりにくい。

関川も以前より成長しているだろうが、守備の人間が、攻撃をメインに考え始めると隙ができて裏をとられるのは、ある意味必然。仕方ない部分はある。

そう考えると多少経験不足でも、有能な新人CBを実戦で育てていくチャレンジをしても、チームとしてのリスクは、関川とそれほど変わらないような気がする。

自分の武器を点に結びつければ良い前線のポジションや、目標をタイトルとしていないチームなら津久井の成長任せでも良いけどCBは高さ、速さ、強さのどれかで一定のレベルに達していないとそこが穴になり徹底的に狙われてチームが崩壊しかねない。
シーズン途中に怪我人続出ならまだしも開幕からはあり得ないと思いますし、若手の為に競争相手もろくにおかず枠を空けておく考えは育っても直ぐ出て行かれかねないいまは危ういですよ。

かつて鹿島の新人CBで将来を期待されて入団した逸材が2人いたが、それらの選手が先発で出ると、その守備絡みで負けという試合が何試合も続き、やがて、その2人は鹿島の試合に出れなくなり、その後引退。敢えて名前は記さないが、新人の大抜擢というのは難しいと思う。

内田や小笠原などは例外中の例外かもしれない。ちなみに、さすがの小笠原でもプロ最初の試合はぎこちなかった。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク