fc2ブログ

清水エスパルス・沖悠哉、越えられない壁とは思ってません

沖悠哉についてSportsnaviに寄稿した清水エスパルスである。
沖が移籍先の清水にて高く評価されておることが伝わってくる。
「チーム関係者に強い印象を与えているのは、彼の向上心や人間性の素晴らしさだ」と述べられる。
ここはサッカー選手として特に重要な部分と言えよう。
GKは試合中、プレーに絡む時間が極端に少ない上、最後尾からのコーチングが大事なポジションである。
ここで信頼感のない選手が担うとやはり結果に直結する。
密かにアジア杯の某代表がその例なのではと推測する部分でもある。
また、「ここまでの練習試合では1本目(主力組)で先発するのはほぼ権田であり、沖は2番手の立ち位置となっている」とやはり移籍先でも2ndGKからのスタートは否めぬ様子。
ここは覚悟しておった部分であろう。
沖自身は「今は、権田さんは目標でもあるし、尊敬できる人ですが、盗めるところもありますし、越えられない壁とは思ってません。僕としては、自分ができることをやり続けていくこと、日頃の練習の積み重ねが評価につながると思っていますし、もっとハイレベルな競争に持っていけると思っています」と越えていく自信を持っておることが垣間見える。
そしてクラブは、「もし沖がGKの序列を覆すことができれば、他の若手も「オレもやれる!」と大いに奮い立つだろう。それによって練習中のバチバチ感が高まり、選手全員がひとつひとつのプレーの質や勝ち負けに強くこだわるようになれば、自ずとチームの勝負強さも増していくはずだ」と競争倫理の働きを促し、その最前線に沖悠哉を置く。
沖のポジション奪取に注目である。

【清水エスパルス】勝利に導く「新たな風」は俺たちだ! 覚悟の移籍を決意した沖悠哉。代表守護神の壁を乗り越え、清水の起爆剤に

コメントの投稿

非公開コメント

清水で権田からスタメンを奪い、J1に昇格すれば代表だって見えてくるのではないでしょうか。
早川、沖が代表で再開できると嬉しいです。

広島の大迫も含めたこの同世代3人には個人的にとても期待しています。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク