fc2ブログ

柴崎岳主将、2024Jリーグ開幕PRイベント出席

「2024Jリーグ開幕PRイベント」を取材したFOOTBALL ZONEの轡田哲朗氏である。
鹿島アントラーズFCの代表者として柴崎岳主将が出席したとのこと。
岳は「鹿島はタイトルによって周りとの関係性を高めてきたと思う。それがすべてとは言わないけど、鹿島はタイトルへの思いが強い」、(『常勝軍団』というフレーズについては)、「周りがそう見ているだけ」と語った。
これは多くの場で語られてきたこと。
「常勝軍団」はメディアや周囲が触れ込んだフレーズであり、クラブ発信ではなく、当然なかの人である選手もそういう意識はない。
ただ、勝利に対する拘り、全てのタイトルを狙いに行く姿勢が、結果的に"常勝"に繋がったのだ。
そして岳は、「鹿島はタイトルに向けてチャレンジすることが義務付けられている。タイトルに向けて、日常、練習から勝利を追求するのがアントラーズ」とタイトルへの渇望が文化であり伝統であることを口にする。
クラブ一丸となって目指しておるのだ。
更に、「アントラーズらしい試合もサポーターの皆さんに感じてほしい。言語化できないそういう部分も育ててきた」と言う。
ここ数年らしからぬ試合を演じておったが、今季は言語化出来ずに失いつつあった伝統が復活する。
鹿島アントラーズ"らしい"試合で勝利を掴み取っていくのだ。
2024年シーズン、楽しみである。

“常勝軍団”の印象は「周りがそう見ているだけ」 鹿島“10番”柴崎岳がクラブの伝統継承に意欲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク