fc2ブログ

鹿島・佐野海舟が新シーズンに抱える思い

Jリーグ開幕に向けて日本代表候補について記したサッカー批評の元川悦子女史である。
その一人として佐野海舟の名を挙げる。
「不完全燃焼に終わったアジアカップの後、2月9日に鹿島に合流。町田ゼルビアで共闘したランコ・ポポヴィッチ監督のタテへの推進力と強度の高いサッカーに適応しようと躍起になっている」とアジア杯後にチームに合流し、新戦術に馴染もうとしている様が伝えられる。
佐野海舟はPSM水戸戦後に「今までだとテンポを上げなくてもいいって思ってたところを崩しに行ったり、速いテンポでサッカーをしているんで、1個でも遅れたりしたら狙いがズレる。みんなの動きに合わせることがまだ難しいですけど、それをやらないと試合に出られない」と語ったとのこと。
ポポヴィッチ・サッカーのテンポの速さが改めて言葉にされた。
Jリーグらしいサッカーではあるが、だからこそ席巻するのではないかと手応えを個人的には感じておる。
その中心となるボランチとして海舟は知念と組んでおる。
知念の抜擢も驚きであったが、前への推進力を代表で身に染みた海舟とのコンビは非常に興味深い。
逆に「ボランチの編成がどうなるか分からない」と悦ちゃんが記すように、柴崎岳主将が戻る前にここで地位を確立する必要があろう。
勝利に導くボランチとして、鹿島の中心選手として君臨するのだ。
そうして3月の代表招集にも名を連ねて貰いたい。
鹿島の主軸は代表となっていって欲しい。
佐野海舟の躍動に注目である。

【日本代表を活性化させる4人のJリーグ選手の「今」(1)】アジアカップで人材不足を露呈したボランチ。浦和・伊藤敦樹&鹿島・佐野海舟が新シーズンに抱える思い

コメントの投稿

非公開コメント

知念がボランチでも使えるなら中盤の高さとセットプレーの破壊力も増しますし、選手交代をせずに中盤を厚くしたり、前線を増やしたり出来るので期待しています。
舩橋は今年が正念場で、もうボランチ一本ではなくCBやSBもこなせるなど差別化、戦力化しないと来年には下田が若手ボランチ枠に入るので危ういですね。

柴崎押しですが、柴崎がサブに回るくらい、佐野と知念の存在感が増せば、今期の鹿島は必ず強くなる。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク