fc2ブログ

「鹿島アントラーズの台頭」「FC東京、サンフレッチェ広島、名古屋グランパスの躍進」「横浜F・マリノスの凋落」【川崎フロンターレVSヴィッセル神戸戦が示した「2024年Jリーグ」の覇権】

2024年シーズンのJリーグについてサッカー批評に寄稿した後藤健生氏である。
スーパー杯から今季の行方を占う。
ゴタケ氏はここ数年のJリーグの潮流である川崎とFマリノスのボール保持サッカーに対して「、堅守からカウンターをしかけるチームが増えてきた」と記す。
それを独流と称し、神戸がそれで昨季のタイトルを得たとの見解を述べる。
そして、「広島や鹿島アントラーズのような堅守速攻型のチームが上位に進出した」と鹿島アントラーズも堅守速攻のチームに分類しておる。
もう異論以外の何物でもない。
岩政大樹監督のサッカーが堅守に見えたのであれば、それは眼科に行くべきと言うほどにかけ離れたモノであった。
速攻も仕掛けられずにおった。
堅守速攻であれば、スタジアムであれほどモヤモヤさせられることはなかったであろう。
ただ5位に終えたチームに対して上位に進出したと評価したことは少々嬉しい。
とはいえ、今季は監督が替わり全く異なったサッカーを行う。
当然、堅守速攻ではない。
ゴタケを満足させられるモノであるかどうかは、開幕してみなければわからぬ所。
ポポヴィッチ・サッカーでJリーグを席巻する。
それが2024年シーズンの大きな潮流である。

三笘薫時代からの川崎「パス・サッカー」封印で神戸「カウンタープレス」撃破【川崎フロンターレVSヴィッセル神戸戦が示した「2024年Jリーグ」の覇権】(1)


「鹿島アントラーズの台頭」「FC東京、サンフレッチェ広島、名古屋グランパスの躍進」「横浜F・マリノスの凋落」【川崎フロンターレVSヴィッセル神戸戦が示した「2024年Jリーグ」の覇権】(2)

「家長の欠場]「新ワントップ」「大迫の孤立」そして「ジェフ千葉の下剋上」【川崎フロンターレVSヴィッセル神戸戦が示した「2024年Jリーグ」の覇権】(3)

コメントの投稿

非公開コメント

ザーゴ監督の時は押し込めるけど崩せず、レネ監督の時はボールを失っても良いから縦に速いサッカーでしたが、岩政監督の時は遅攻も速攻もどっちつかずで、押し込まれてもカウンターでひっくり返す場面なんて殆ど覚えがありません。
正直どんな戦術で戦うにしても、どんな相手にも一発の可能性のあるセットプレーとロングカウンターは備えておくべきだと思いますが、これは監督だけの責任ではなくそれが出来る選手もいなかったせいだとも思います。だけど今年はチャヴリッチがいるのでカウンターにも期待しています。

後藤さん大丈夫か。
ここ数年の鹿島の試合や練習を見ていないような、ピントが外れた記事。

別のチームと勘違いしてるのか?ディフェンスはそこそこ評価できるが速攻なんてシーズン通してもほとんど無かったはず?昔の鹿島のイメージで適当に語ってるとしか思えない。それともパスサッカーが出来ない事への皮肉か?いずれにしろ酷いコメントです。

ザーゴ監督が指揮をして半年位は、相手陣地内まで執拗にゲーゲーンプレスして、意図的に相手守備陣に混沌(カオス)を起こし、そのスキにアラーノ、和泉らがボールを奪って、エヴェがゴールというのが、結構はまっていました。その後、対策され始めて失点過多になってしまうのですが。

あの好調時のザーゴ戦術の守備の脆弱ささえ修正、微調整しながらワンシーズンやれれば、攻撃的なポポビッチ戦術でも十分いけると思う。

鍵はやはり、数ヶ月後に研究されてきた時のカウンター対策の守備を、誰と誰が、どう守るか、だと思う。

その守備戦術が整理されておらず、行け行けだけだと、ザーゴの後半期、不調時と全く同じ道を辿ってしまう。関係者は、その経緯を熟知しているだろうから、ポポビッチさんには念押ししてあるだろうが。

あと怖いのは、ザーゴ、レネである程度、超攻撃的な鹿島のやり方への対策を既に手に入れてしまっている他クラブがシーズンイン数試合の短い期間で、ポポビッチ監督の鹿島シフトを完成してしまう可能性もある。あくまで可能性、できない事を望む。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク