fc2ブログ

フットボールチャンネル Jリーグクラブ市場価値ランキング1〜10位

Jリーグクラブの市場価値ランキングを伝えるフットボールチャンネル編集部である。
データサイト『transfermarkt』が算出した選手価値の合計にて順位を付けておる。
さほど信憑性のあるモノでもないがシーズン開幕直前のお遊びとしては面白い。
我が鹿島アントラーズは1640万ユーロ(約22億9600万円)にて7位とのこと。
派手な補強もなく、そもそも保有選手数・助っ人外国人の数が少ないので、このあたりは順当ではなかろうか。
特に感情は沸かぬ。
ただ、ランキングを見ると派手に見える名古屋が10位であったり、必ず上位に食い込む広島が9位、初のJ1昇格の町田が8位となかなか意外性がある。
上位では神戸を抑えた浦和が1位であり、多くの評論家が優勝予想するのも頷ける数値ではある。
また3位に着けるガンバも意外な数字と言えよう。
昨季はJ2降格寸前であり、復権に向けて大型補強したことが覗える。
いずれにせよ、この数値は指標としてあまりアテにはならぬ。
中位の下馬評を覆してタイトルを獲る。
それが今季の目標である。

J1リーグ最高額はどこだ! クラブ市場価値ランキング1〜10位。トップに立ったのは?【2024年最新版】

コメントの投稿

非公開コメント

ヨーロッパのチームとかならまだしもJリーグは日本人選手個人の市場価値が適切に付けられてると思えないのでその合計もあまり参考にはなりませんね。
ただこの市場価値が一番高いチームが結果を出せるとは限りませんが、市場価値が低いチームは根本的に戦力が足らず降格しやすいというある意味当たり前の相関はみられるらしいですね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク