fc2ブログ

新指揮官が再建に挑む鹿島、チームの“顔”は主将MF柴崎岳

開幕直前の特集として鹿島アントラーズをピックアップするDAZNである。
簡単なクラブ紹介に加え注目選手3人を挙げる。
「今季は大きく勝負に出た」、「新たに招へいしたのはJリーグでの指導経験豊富なランコ・ポポビッチ氏。熱きハートと燃えるような情熱が代名詞のセルビア人指揮官にチームの再建を託した」と変革を託したポポヴィッチ監督の特徴を伝える。
悪しきメディアがポポヴィッチ監督についてネガティブキャンペーンを張り続けることに対して「熱きハートと燃えるような情熱が」とこちらの気持ちがアガる紹介をしてくれる。
熱血指揮官がどのようなサッカーを魅せてくれるのか、今からワクワクが止まらない。
注目選手は、柴崎岳、鈴木優磨、植田直通の三人となっておる。
三人とも欧州からの復帰組であり、CWC準優勝の立役者であることが重要であろう。
海外経験を持ち、緊張感のある大会を知っておる選手をここまで揃えられるJリーグクラブは他にはない。
これぞ鹿島アントラーズFCのクラブ力と言えよう。
ただ、優磨と岳は負傷にて開幕戦は微妙な状況ではある。
そこを凌ぎきって、長いシーズンをこの三人が織りなす熱いサッカーで勝利を積み重ねるのだ。
2024年シーズン、いよいよ明日に開幕である。

【開幕特集】8年国内無冠からの脱却…新指揮官が再建に挑む鹿島、チームの“顔”は主将MF柴崎岳 | J1リーグ

コメントの投稿

非公開コメント

柴崎の帰還をずっと待ち望んでいました。シーズン前からリーダーシップを引き受けてくれている姿勢はありがたい。

想定外なのは、怪我が多い事。このパターンは、今シーズン、ひょっとすると半分以下の出場になるかもしれない。そうならない事を願っているが、覚悟はしている。

そうなると佐野、知念がシーズン通して出場し、さらなる成長が望まれる。名古、舩橋なども交代で活躍しなければならないでしょう。

今期は、柴崎とポジションが被る選手たちにとって、ピンチでなく大きなチャンスが訪れている。それに気づかない選手はチャンスを逃すだろう。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク