fc2ブログ

名門復活へのカギはゴール増にある

Jリーグ戦力分析を伝える時事通信である。
その鹿島と新潟、湘南、東京Vの回である。
鹿島については、「名門復活へのカギはゴール増にある」とし、「陣容に大きな変化はない中、新指揮官の戦術を浸透させて課題解決を図る」と解決案を綴る。
ポポヴィッチ・サッカーでゴール数を増やし、名門復活へ向かうということである。
事実、2年連続で零封負けを喫しておったPSM水戸戦ではゴールを奪って勝利し、無限大のゴール増となった。
戦術の浸透は進んでおり、攻撃力が増したと受け取れる。
また予想布陣に目を向けると、ボランチを岳と海舟のコンビとしておる。
これは開幕戦の予想ではなく、シーズンが進んだ際にこうなっていくだろうという布陣と考えられる。
優磨とチャッキーの同時起用はなく4-2-3-1を崩さぬという見解と受け取れる。
シーズン前は、こうした予想が非常に楽しい。
長いシーズン、いくつかの試行錯誤、選手の成長などで布陣もいくつか変化して行くであろう。
それを予想するのもこの時期の楽しみではある。
2024年シーズンはどのような選手が活躍し、どのようなゴールが生まれるのであろうか。
楽しみである。

J1戦力分析(5)鹿島、新潟、湘南、東京V・完

コメントの投稿

非公開コメント

喫緊の問題であるCB補強は早い方が良いですが、今はスリム化したからかゲーム形式の練習で見ているだけの時間がある選手も殆どいないようなのでチームの完成度を高めて貰い、外国人枠も空いているので夏にaclでJチーム相手に結果を出している様なある程度フィットが早そうで、結果を期待出来る選手の補強をしてタイトルを獲りにいって欲しいです。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク