fc2ブログ

名古屋戦コメント

「ここまで準備してきたこと、積み上げてきたことのすべてがうまくいった試合ではなかったですけれど、しっかりと攻守にわたって、やってきたことを見せたかな」と振り返る指揮官である。
まだまだ完成度は低いが、方向性は表せたといったところであろう。
先制後の前半は相手の左サイド、鹿島の右サイドにてピンチを招いた。
それがあってハーフタイムに修正したことを語る。
「前半、聖真は自分の仕事を非常によくやってくれたし、任せたタスクをしっかりとこなしてくれた。ただその中で、相手の左サイドを使われてピンチを招くシーンがいくつかあった」。
この戦術的交代は大正解で、後半は常に鹿島のターンであった。
濃野と藤井というコンビは西とヤスになるやも知れぬと予感させられた。
そして、先制点・追加点の仲間隼斗は、「1点目は、ナオがボールを必ず入れてくれると信じて、あの位置に飛び込んだ。2点目はチャッキーからのプレゼントゴール。彼にありがとうと言いたい」と得点シーンを振り返る。
ボールを呼び込んだのは、献身的に走るプレースタイルから。
先制点は、あそこであのスペースを共有したこと、そして冷静にシュート出来たことが結果に繋がった。
2点目は、ゴール前まで走り、フリーとなれる位置を取っておったことがゴールに繋がったのである。
偶然ではない。
そして来にと初ゴールのチャッキーは、「狭いところでもしっかり上げてきてくれた。クロスに対して自分も落ち着いて右に流すことができたので、すごく良かったと思います」とゴールシーンを振り返る。
安西のクロスを褒めるが、相手CB二人に挟まれながらも枠に飛ばすフィジカルは、エヴェラウドもダヴィも越えたと感じさせられた。
アシストも、相手CBと併走し、身体を当てられながらも相手がヨロもめいてフリーとなれたからこそ。
こりゃ、並みのCBでは対応不可の重戦車であろう。
速さも兼ね備えており、重スーパーカーとも言える。
そしてルーキーの濃野公人は、「監督からサイドからクロスを上げさせるなと言われていた。その要求に応えるために、相手との距離感をすごく意識してプレーをしていた。何本か入れられる場面もあったが、決定機を作られることはなかったので、そこは個人的には良かった部分だと思っている」と名古屋の山中のクロスは試合前から警戒されていたことが伝わる。
それを封じるミッションはコンプリートした。
まずは初戦での成功体験を得た。
更に大きく成長するであろう。
コメントから快勝の喜びと、自分たちが感じた問題点が挙げられておる。
このチームはまだまだ成長していく。
頼もしさを感じさせられるコメントである。

2024明治安田J1リーグ 第1節

[ ランコ ポポヴィッチ監督 ]

2024年2月23日(金)18:03KO
豊田スタジアム

コメントの投稿

非公開コメント

ルーキーが、J1初戦で監督から言われたタスクをこなすのは、なかなかできない事。

コンバートの知念はほぼ完璧。柴崎が復帰しても先発の座は知念のまま落ち着きそうな程の安定感。

鹿島全員が光っていたが、これはやはり、1点目、2点目、3点目とテンポ良く、次々と得点が入った事によって好循環が鹿島の中に生まれ、攻守で全員がまとまり、連動できた結果だと思う。

「よし、行けるぞ。やってきた事、やっている事は間違っていない、監督の言うとおりだ」と、皆が思いながらプレーできている時は強い。
このモチベーションをシーズン終盤まで発揮し続けるよう上手に、巧妙に維持してきたのが、黄金期鹿島の優勝パターン。こんな強かな試合、久々に観た気がする。ありがたい。

これは他クラブでもそうだろうが、鹿島が好成績の時は、新しい助っ人が大ブレイクしている。補強は成功。

気になったのはもう一人の助っ人の存在感が無かった事。今後に期待しましょう。

選手交代をしないタイプの監督という話もありましたがそれは戦力的に出来なかっただけかもしれませんね。
個人的には無理に選手交代をする必要はないと思っていますが、名古屋戦の交代カードの切り方は意図もハッキリしていて好印象でした。
チャヴリッチは優磨と一緒に機能すればチームの最大出力が上がり、機能しなくてもお互いを休ませたり相手によって使い分けられるので悪くはないと思います。

鈴木は先発ツートップも良いが、石井鹿島の時のスーパーサブが1番彼らしくて凄かった。

今期は、酷暑対策として、鈴木のスタミナ温存で、後半投入で45分間だけ思いっきり相手DFを引っ掻き回してもらう作戦も使えそう。これは贅沢な使い方。

去年よりも酷暑という科学者の意見も出ているので、鈴木とチャブリッチを試合毎に、先発と後半出場に分けて体力温存、怪我防止、カード防止のために使い分ける事も出来そう。

その時、鈴木とチャブリッチを共存して一時的にツートップにするか、完全に交代させるかは、試合展開の状況に応じて、臨機応変に。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク